第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

懐かしの栄光カラー・レプリカ復刻モデル列伝#2【ヨシムラカラー/RC213V-S etc.】

昭和を彩った栄光のカラーリングモデルは、これまでも何度かレプリカ化されている。そこで、もう一度復活してもらいたいモデルを独断と偏見で集めてみたノダ! 本記事ではヨシムラカラーGS1200SS/RC213V-S/XSR900/パニガーレV4が登場!


●文:ヤングマシン編集部(野田ノダ夫)

スズキGS1200SS[’02]:コンセプトはド直球”男のバイク”だ!

’80鈴鹿8耐を制したヨシムラのGS1000Rは今も大人気。そのGSの復刻として油冷のイナズマ1200をベースに’01年に登場したのがGS1200SSだ。’02年にはヨシムラカラーも発売してくれた。キャッチコピーはド直球の「男のバイク」。このセンスにシビれられるオジサンが本物のライダーだ!?

SUZUKI GS1200SS

【’02 SUZUKI GS1200SS】 [写真タップで拡大]

SUZUKI GS1000R

元ネタ:’80 スズキGS1000R [写真タップで拡大]

スズキGSX400インパルス[’96]:インパルスにもあったヨシムラカラー

’90年代NKの400インパルスにもヨシムラカラーが’96年型で登場。CB/XJR/ゼファーといった強豪ひしめく中、硬派度ではピカイチだった。

SUZUKI GSX400 インパルス

【’96 SUZUKI GSX400 IMPULSE】 [写真タップで拡大]

Z900RSヨシムラヘリテイジキット AMAエディション:本家も復刻キットを発売

スズキイメージが強いヨシムラだが、AMA初参戦はカワサキZ1。そのマシンをモチーフにしたZ900RS用キットを本家ヨシムラでは現在発売中だ。

YOSHIMURA Z900RS

【Z900RS YOSHIMURA HERITAGE KIT AMA EDITION [写真タップで拡大]

YOSHIMURA Z1 AMAレーサー

元ネタ:’76 カワサキZ1 AMAレーサー [写真タップで拡大]

ホンダRC213V-S[’17]:RC213V-Sも実は復刻カラー

衝撃価格2190万円の公道仕様モトGPマシン・RC213V-Sの車体色は、腹下タンクなど独創的な構造を持った’84年初代NSR500の復刻カラーと呼べるもの。同年にチャンピオンとなった3気筒のNS500もトリコだったが配色が異なっていた。

HONDA RC213V-S

【’17 HONDA RC213V-S [写真タップで拡大]

HONDA NSR500

元ネタ:’84 ホンダNSR500 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900[’20]:なぜ日本で売らなかった?

ワイズギアがXSRをRZ風にするオーセンティック外装キットとして過去に限定発売した黒×赤バージョン。それが’20年に欧州で「80Black」の直球ネーミングで標準色としてラインナップされ話題に。だが日本仕様は発売されず。ナゼだったノダ!?

YAMAHA XSR900

【’20 YAMAHA XSR900】 [写真タップで拡大]

YAMAHA RZ250

元ネタ:’80 ヤマハRZ250 [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4 25°アニベルサリオ916[’19]:憧れだった916カラーも復刻された

ドゥカティも、’19年に名車916誕生から25周年を記念した500台限定の特別モデルをパニガーレV4に設定。’22年はパニガーレV2にベイリス20周年カラーを設定し、スーパーバイク世界選手権(SBK)ファンには懐かしい。

DUCATI PANIGALE V4

【’19 DUCATI PANIGALE V4 25°Anniversario 916】 [写真タップで拡大]

DUCATI 916 WSB レーサー

元ネタ:’94 ドゥカティ916 WSBレーサー [写真タップで拡大]

〈おまけ〉昭和はスクーターも熱かった!

昭和はスクーターもレプリカカラーが熱かった。TECH21はチャンプRSに、4輪F1ロータスホンダのJPSカラーはイブPAXに採用。スズキのカーナはヨシムラカラーがあったほか、スポーツバージョンのF3ではヨシムラの辻本聡選手がTVCMに出演していた。

YAMAHA チャンプRS

【’87 YAMAHA CHAMP RS】 [写真タップで拡大]

SUZUKI カーナF3

【’86 SUZUKI CARNA F3】 [写真タップで拡大]

HONDA イブPAX S

【’87 HONDA EVE PAX S】 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース