第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

Z900RSの”匠”に聞く:その4

トリックスターに聞く:カワサキ「Z900RS」という存在【万人を受け入れる、これぞ原点回帰の”単車”】

“匠”と言えるカスタム/チューニング/ドレスアップブランドに、Z900RSの存在について語ってもらう企画の第4弾。今回はカワサキ系の有力チームとして鈴鹿8耐の常連であり、レースイメージが強いトリックスター。Z900RSでは、スタイルにも走りにも手を抜ず、ワクワクするパーツづくりを心がけている!


●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●外部リンク:トリックスター

男臭さと走りの潜在能力を活かしたパーツを心がける

Z900RSはまずフォルムがいい。普通っぽいのに普通じゃない。イズムというか歴史の重み、風格を感じさせます。加えて、走りの性能が胸に突き刺さる。しっかりスポーツできて、街中で乗るには万能なパワーフィールです。そして何と言ってもサウンドがいい。僕としても乗ってる雰囲気が楽しく、飽きない。皆が選ぶのも納得の素晴らしいバイクだと思いますね。

代表 鶴田竜二氏

話を聞いたのは、トリックスターの代表を務める鶴田竜二氏。レーサーとして、そしてレーシングチームの監督としても知られる。 [写真タップで拡大]

エンジンはポテンシャルが高く、余力を残した設計です。イジるほど速くなるのでカスタムしがいがあります。

ユーザー層は本当に様々です。2台目3台目に購入する人や、旧車ファンだったり、初めてのバイクという人もいる。ノーマルで乗るもよし、カスタムするもよし。気兼ねないオールラウンダーでいて、自分のスタイルも投影できる。そんなZの懐の深さを分かっているユーザーが多いです。

パーツに関しては、ユーザーが様々なので本当に幅広いタイプが売れています。最も数が出るのはガード類。当社はリアルレーシングスペックが売りなので、ややZと傾向がズレますが、それでもZが売上げのトップです。

パーツ開発で心がけているのは、男臭さ、大人っぽさを損なわないデザイン。そして、スポーツしても楽しく乗れる味付けです。特にマフラーとECUチューンは、「トリックスターを選ぶとこんなに変わるんだ」と体感できるハズです。マフラーは、規制適合をしながら、元のサウンドに負けない野太さと抜け感を重視しています。

ユーザーにひとつアドバイスするとしたら、丁寧にミッションを入れてほしい。スポーツ走行すると、ギヤ抜けする症状が時折出るので、丁寧にギヤを入れるとエンジンの寿命が延びます。

カワサキへの要望としては、もっと台数をつくって欲しい(笑)。欲しい人に行き渡れば、もっとバイク業界が元気になりますから。

とにかくバイクの原点であり、ブレがない。人それぞれ好みはあるでしょうけど、多くの人が求める”単車”というベースになる希有な1台です。

こだわりのECUチューン

ECUチューン ステージ1

ステージ1 [写真タップで拡大]

ECUチューン ステージ2

ステージ2 [写真タップで拡大]

ECU

レースで培った技術を存分に発揮したECUチューン。ダイナモと実走で造り込み、リニアに回転が立ち上がる特性に。またSTD特有のエンブレも緩和される。ECUのみのステージ1とマフラーも交換するステージ2がアリ。 [写真タップで拡大]

売れ筋!焼きチタン

マフラーに関して言えば、スリップオンも真円タイプが一番人気だが、レーシング系のイカヅチなども好調。ユーザー層が幅広いので、好みも色々なのだ。

政府認証スリップオンマフラーショットガン

【政府認証スリップオンマフラーショットガン 焼きチタン GP-LOOK】●価格:8万6000円 [写真タップで拡大]

Z900RSの”ターボ化”計画アリ!?

トリックスターは、ニンジャZX-25Rのターボ化計画を進めている!上手くいけばZ900RS用も予定という。「脱炭素化の今だからこそやっておきたい!」とのことだ。

ニンジャZX-25Rのターボ化

写真はニンジャZX-25R。ターボ化計画についてはヤングマシン本誌&WEB記事にて随時お伝え。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース