チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

エンジンは新排出ガス規制適合

貴重なフルサイズMT 原付二種、スズキ「GSX-S125」「GSX-R125」がマイナーチェンジ&新色登場

●外部リンク: スズキ

スズキは、マニュアルトランスミッションを搭載するフルサイズスポーツ原付二種の「GSX-S125」「GSX-R125」を平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合させ、2022年モデルとして発売する。これにともない、カラーリングとアンダーカウルの形状が変更された。

いずれも人気の原付二種スポーツバイクで、フルサイズ17インチの前後ホイールにウェーブ形状のブレーキディスクを組み合わせ、ABSを標準装備。ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続ける必要なくワンプッシュでエンジン始動が可能な「スズキイージースタートシステム」など、便利な装備も採用している。

最高出力&最大トルクの数値は新排出ガス規制適合でも変わらないが、それぞれ発生回転数は500rpm上昇した。また、車重はGSX-S125が2kg増の135kg、GSX-R125は3kg増の137kgとなり、価格はそれぞれ3万7400円上昇してGSX-R125=45万3200円、GSX-S125=42万200円に。発売日はGSX-S125=2022年4月27日、GSX-R125=2022年5月11日だ。

GSX-S125 ABS[2022 model]

主要諸元■全長2000 全幅745 全高1035 軸距1300 シート高785(各mm) 車重135kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10500rpm 1.1kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量11L■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:青×黒、黒 ●発売日:2022年4月27日

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック×タイタンブラック(BGY) [写真タップで拡大]

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック×タイタンブラック(BGY) [写真タップで拡大]

GSX-S125 ABS[2022 model]

GSX-S125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

主要諸元■全長2000 全幅700 全高1070 軸距1300 シート高785(各mm) 車重137kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10500rpm 1.1kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量11L■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:赤×黒、青、黒 ●発売日:2022年5月11日

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]ストロンガーレッド×タイタンブラック(GTA) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]ストロンガーレッド×タイタンブラック(GTA) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック(YSF) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]トリトンブルーメタリック(YSF) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]

GSX-R125 ABS[2022 model]

GSX-R125 ABS[2022 model]タイタンブラック(YVU) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム日本モータースポーツ界に多大な貢献を果たした、高橋国光さんが逝去
WEBヤングマシン|新車バイクニュース