メッキの性質を知り尽くしたプロが作ったケミカル〈メッキング/ミガキング/デカキング〉

メッキング/ミガキング/デカキング

想像以上にデリケートなクロームメッキは、雑に扱うと簡単に細かな傷がついてしまうことがあり、想定外の点サビが発生することもある。そこで、クロームメッキに精通したNAKARAI(ナカライ)が推奨するのが、同社オリジナルの3つの”KING”による手入れ方法だ。

●文/写真:栗田 晃 ●外部リンク:NAKARAI

メッキのプロ、磨きのプロ、サビ取りのプロ、NAKARAIだからできたKINGシリーズの使い方

メッキの表面は一見すると平滑な鏡面状だが、目に見えないレベルの極小サイズの穴が無数に存在しており、そこから浸入した水分によって下地からサビが進行する。それを防ぐのが強力な特殊シリコーンによってクロームメッキ被膜をコーティングする「メッキング」。新車や再メッキ直後など、クロームメッキの状態が良い時点で施工すれば美しいコンディションが持続する。

使用中のクロームメッキ部品のクリーニングに最適なのが、超微粒子コンパウンドの「ミガキング」。汚れやくすみを落としたら、メッキングのコーティング被膜でメッキ表面を保護しよう。

先述したようにクロームメッキのサビは表面の無数の穴から浸入した水分によって発生するため、一度錆びた部分は元には戻らない。だが「サビトリキング」を使えば、メッキを傷めずサビだけを取り除くことができる。この場合も、サビトリキング後にメッキングでコーティングすることで、メッキ面を保護できる。

性能にこだわるからこそ作業内容に応じたケミカルが必要となる。NAKARAIのこだわりが存分に発揮されたキングシリーズで、愛車の輝きを持続しよう。

汚れやサビのないキレイなクロームメッキ保護に【メッキング】

メッキング|MEKKING

【NAKARAI メッキング】特殊シリコーンと光沢剤によって、クロームメッキ上に強力な被膜を形成するメッキング。無色透明の溶液を史上最鏡クロスで薄く塗り広げるのがコツで、金属部品だけでなく樹脂部品のメッキにも使用できる。塗布後24時間は水濡れもNG。●価格:5980円 [写真タップで拡大]

メッキング|MEKKING
メッキング|MEKKING

メッキングに汚れを落とす性能はないので、新品かそれに近い状態で使用するのが理想。汚れやシミはミガキングで取り除いてから施工する。付属の史上最鏡クロスによりメッキ表面に均一な塗膜ができる。 [写真タップで拡大]

メッキング|MEKKING

【メッキングは厚塗り厳禁!!】容器から史上最鏡クロスに1~2滴垂らしたメッキングを、10×10cmの範囲に均等に塗り広げる。塗りすぎると虹ムラ(カバー中央の二本線)ができるので、硬化前の5~10分の間に塗り広げるのが重要なポイント。 [写真タップで拡大]

created by Rinker
ナカライ(Nakarai)

クロームメッキを傷つけず汚れやくすみを取る【ミガキング】

ミガキング|磨きKING

【NAKARAI ミガキング】デリケートなクロームメッキや樹脂メッキに傷を付けづらい超微粒子コンパウンドを主成分としたミガキング。同様の製品は他にもあるが、メッキ業者の視点でクロームメッキ磨きに特化して開発しているのが特長。●価格:2780円 [写真タップで拡大]

ミガキング|磨きKING
ミガキング|磨きKING

[写真タップで拡大]

ミガキング|磨きKING

ボトルをよく振ってから、付属の史上最鏡クロスでメッキ面を磨く。粒度が細かく液体に近いサラサラの手触りだが、一見するときれいなメッキ面の汚れが落ちている。保護被膜がなくなるので、ミガキング後はメッキングでコーティングするのがおすすめだ。 [写真タップで拡大]

created by Rinker
ナカライ(Nakarai)

クロームメッキのサビを擦らず残さず除去【デカキング】

デカキング|サビトリキング

【NAKARAI デカキング】クロームメッキを傷付けず、サビだけに反応するサビトリキングには、140g入りの標準タイプ(1980円)と、260g入りのデカキングの2種類がある。錆が目立つ絶版車や旧車ユーザーにはデカキングがお勧め。●価格:2980円 [写真タップで拡大]

カブ|マフラー

露天保管で洗車を疎かにしていると、気づかぬうちに錆びていることが多いクロームメッキパーツ。サビはメッキの下で成長するので、見つけ次第早めに対応しよう。 [写真タップで拡大]

デカキング|サビトリキング

メッキ表面の砂利やホコリを洗い流し、マスキングテープで施工エリアを区切ってからデカキングで磨く。ボトルをよく振って付属の汚れ拭きクロスに適量取り出す。 [写真タップで拡大]

カブ|マフラー

サビが浸食したポツポツとした痕跡は残っているが、デカキングで磨いた下半分は赤サビが落ちてメッキの光沢が回復している。磨き傷がつかないのも魅力だ。 [写真タップで拡大]

カブラ|マフラー

デカキング(サビトリキング)で磨く際は、汚れ拭きクロスに付着したサビでメッキを擦らないよう、拭き取り面を小まめに代えながら撫でるように優しく擦る。 [写真タップで拡大]

メッキング|マフラー

表面のサビが取れたら乾いた布で入念に拭き取る。このままでは防錆要素がないので、これ以上サビを進行させないようメッキングによるコーティングが必要。 [写真タップで拡大]

カブラ|マフラー

特殊シリコーンによる被膜は200℃の耐熱性があるので、メッキングはマフラー本体にも使用できる。3つの”KING”を使い分けよう。 [写真タップで拡大]

created by Rinker
ナカライ(Nakarai)


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース