1000ccツインの追加機種を予想

アフリカツインエンジン転用でレブル1000登場?!

2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエーションで復活。王道のVツインではないものの、シンプルで個性的なスタイルがウケてヒットモデルとなった。そしてこれに1000cc版の登場もウワサされているのだ。 ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)より

革新と伝統の調和が味わい深い世界を生む

ヒットモデルとなったCRF1000Lアフリカツイン。その要因の一つが、鼓動感とトラクションに優れる専用設計の270度クランク並列パラツインだろう。情報筋によると、「評価の高いアフリカツインのエンジンを多機種展開すべく新プロジェクトが始動した」と言う。候補としてクルーザーやカフェレーサーが挙がっている模様だ。この情報を元にマシンを作製してみた。まずは「レブル1000」。発売中のレブル500は並列ツインを搭載するが、その最上級版となる。セミオートマのDCT仕様も用意され、気軽に流せる新世代クルーザーになるハズ。「GB1000TT」はロケットカウルの本格カフェ。コイツも面白そうだ。

【レブル1000】DCTも選べる異色クルーザー

’17年にデビューしたレブル500/250は、立ち上がったタンクとくびれのある車体が新鮮なボバー。同様なフォルムのボディに、アフリカツインの並列ツインを載せるのだ。実現すれば、当然MTとDCT版が用意されるハズ。500/250は共通フレームだが、サスガに1000㏄エンジンの搭載はムズそう。

【GB1000TT】カフェレーサー案はGBと予想

一方のカフェレーサーは、昨秋のミラノショーで披露されたコンセプト車「CB4インターセプター」が元ネタとなる可能性も。展示車は直4のCB1000Rがベースだったが、コッチもアリだろう。リッター級パラツインカフェには、トライアンフのスラクストン1200/Rが存在するが、なかなか希少価値が高い。

右【HONDA REBEL1000(レブル1000) 予想登場時期:’18年秋 デビュー可能性:50%】レブル500/250の外装はそのままに、位置や角度を微調整してアフリカツインの心臓をON! タンク位置が高くなり、エンジンのデカさが際立つが、意外とシックリ収まって驚き! 左【HONDA GB1000TT 予想登場時期:調査中 デビュー可能性:30%】ネオスポーツカフェの一角として発表されたCB4インターセプター。ロケットカウルのレーシーなスタイルに、アフリカツインのエンジン特性が似合いそうだ!

【追加情報】レブル1000のヘッドライトはLEDか

ヤングマシン6月号発売後、レブル用と思しきLEDヘッドライトの特許が5月17日に公開された。レブル500/250はシンプルな装備で価格を抑えたモデルで、ヘッドライトも両車同じ電球仕様だった。また、ヘッドライトだけでなく、レブル500/250は500ccの2気筒と250ccの単気筒という2種類のエンジンを同じフレームやボディに搭載するという新しいコンセプトで生み出されており、エンジン以外は基本同じと言っていい。しかし、レブル1000となると重さや出力の違いからその手法は適用できなくなると予想される。レブル1000のみ専用フレームやボディを使用するなら、下記のLEDヘッドライトを採用することも考えられるだろう。

レブルらしき図1とともに掲載されたLEDヘッドライトの特許図面。2018年モデルのハーレーソフテイルシリーズのような凝ったデザインだ。1000ccとなると上位グレードを狙ったコンセプトになっても不思議はない。

ニュース提供:ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事