第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

前代未聞の「レーシングライダーを一般公募」

ライダーが決定! モリワキの「GB350鉄馬プロジェクト」がいよいよ始動

HSR九州が主催しているアマチュアレース「鉄馬(てつうま)」に今年から新設される、GB350ワンメイクレースへの参戦を表明しているモリワキエンジニアリング。その参戦ライダーを一般から公募するというチャレンジは以前にレポートしたが、このたびライダーが決定し、いよいよプロジェクトがスタートする運びとなった。


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:モリワキエンジニアリング

選ばれたのは28歳の主婦

モリワキの「GB350プロジェクト」とは、鉄馬のGB350ワンメイクレースにモリワキが参戦し、そのライダーを一般公募で決めるという驚きの企画。応募に必要なのは「モリワキのレーシングライダーになりたい!」という想いだけで、モリワキが製作するレース用GB350が貸与されるのはもちろん、参戦に必要な装具類や消耗品、交通費に至るまでモリワキと当企画の協賛メーカーが負担するという、まさにレーシングライダーへの憧れや夢を叶えてくれるプロジェクトなのだ。

この企画が今年の1月1日にWEBヤングマシン上で発表されると、モリワキには応募が殺到。その層は10代から60代まで幅広く、レース経験の有無も含めてスキルも様々で、最終的には1月18日の締切までに全国各地から応募が寄せられたとのこと。応募者の熱量はみな非常に高く、モリワキ側も選考には非常に頭を悩ませたそうだが、厳正なる書類選考とWEB面接を経て、最終的には東京都の主婦・金子美寿々さん(28)が選出された。

金子さんは5歳から12歳までポケバイやミニバイクレースを経験し、10歳のときにはポケバイ全日本大会のトップクラスで優勝するなど、プロライダーを目指していた過去を持つ。しかし、12歳のときに共にレースを戦ってきた父親が他界したのをきっかけに夢を断念。以来バイクからは離れていたものの、26歳のときに命に関わる難病を患ったことでバイクへの思いが再燃、免許を取得してライダーに復帰し、さらにミニバイクレースにも再参戦を始めた…という女性だ。

現在の夢を「HRC GROM CUPのグランドチャンピオンシップで優勝すること」と語る金子さんは、3児の母親でもあり、子供を学校に送ったその足でサーキットに練習に向かう…という、子育てにもレースにも全力投球の生活を送っている。そのパワフルな姿にモリワキ側も強く心打たれ、今回の選出につながったという。

今後、金子さんを全面的にバックアップしていくモリワキは、今回寄せられた多数の応募には本当に感謝しかないとのことで、日本有数のレーシングコンストラクターが“ファンへの恩返し”として始めたチャレンジは順調なスタートを切ったと言っていいだろう。このモリワキGBプロジェクトは同社のホームページやSNSで発信されるほか、ヤングマシンでも随時追いかけていく予定だ

モリワキ|GB350プロジェクト|ライダー決定

今回、晴れてモリワキGBプロジェクトのライダーに選出された金子美寿々さん。レースのほか、公道でもニンジャ400を駆るお母さんライダーで、今はバイクに乗るのが楽しくてたまらない、とのことだ。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース