未経験者大歓迎! 新春早々ドリームプロジェクトが発動だ

“モリワキライダーになりたい”その夢を叶えます!! GB350ワンメイクレースに参戦するモリワキがライダーの一般公募を開始!

GB350ワンメイクレースに参戦するモリワキがライダーの一般公募を開始!

HSR九州で開催中の旧車レース「鉄馬(てつうま)」に、2022年からホンダGB350のワンメイククラスが新設される。このレースにいち早く参加を表明した名門・モリワキエンジニアリングは、既に車両やパーツ開発などを進めているが…。なんと! モリワキはこのマシンに乗るレーシングライダーを一般公募するというのだ。新年早々、こいつはビッグなお年玉だッ!

●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:モリワキエンジニアリングHSR九州

GB350レーサーを貸与、費用もすべてモリワキ持ち!

G.クロスビー、W.ガードナー、八代俊二、宮城光、樋渡治…。数多の名ライダーを輩出してきたモリワキライダーの系譜に、アナタも連なることが出来るかも!? 鉄馬のGB350ワンメイクレースに参戦を表明したモリワキが、このマシンに乗るライダーを一般公募すると発表したのだ。

“鉄馬”はHSR九州(熊本県菊池郡)で開催されている鉄フレーム車のレースで、いわば九州版のテイスト・オブ・ツクバ。モリワキもZ900RS改で参戦しており、コースレコードを樹立するなど盛り上げに貢献してきた。その鉄馬に、気軽に楽しめる入門クラスとして新設されるのが「GB350ワンメイクレース」で、モリワキはいち早く参戦を決意。さらに話題集めにも一肌脱ぐというわけだ。

この「モリワキ鉄馬GB350プロジェクト」は、一般公募で選ばれた1名のライダーが、2022年5月1日に開催される鉄馬のGB350ワンメイクレースに、憧れのモリワキレーシングライダーとして参戦できるというもの。貸与されるGB350は正真正銘のモリワキチューンだし、レース当日は専属のメカニックが帯同、セッティングや整備まで行ってくれる。

さらにはモリワキのプロライダーから指導を受けたり、練習する機会まで与えられるうえ、なんと交通費や宿泊費などの経費まですべてモリワキ持ち(!)と、手厚すぎるにも程があるフルサポートを受けられるのだ。モリワキファンや、そのレーシングライダーに憧れる人間にしてみれば、まさに人生の夢が叶う経験と言っていいだろう。

応募の条件は「モリワキのレーシングライダーになりたい!」という熱い想いのみ。満12歳以上ならレース経験の有無はまったく問われない…というか、GB350ワンメイクの主旨を踏まえ、国際ライセンス所持者は応募対象外とされているほど(応募要項は別項参照)。「自分は速くないから…」などと尻込みする必要はまったくないのだ。なお、レース参戦の模様はモリワキYOUTUBEチャンネルなどのメディアで配信される予定になっている。

HSR九州|鉄馬|

2015年に始まった鉄馬は鉄フレーム4気筒車によるレース。近年はかなりハイレベルの戦いが繰り広げられており、2022年5月1日の「鉄馬フェスティバル」で開催されるGB350ワンメイクは、参戦のハードルを下げるための施策でもある。 [写真タップで拡大]

鉄馬|モリワキ|Z900RS|森脇尚護

モリワキは鉄馬にZ900RS改で参戦中で、2021年9月のレースではコースレコードも樹立。ライダーは鈴鹿8耐で表彰台経験も持つ国際ライダーで、現在はモリワキの副社長を務める森脇尚護氏。 [写真タップで拡大]

名伯楽からファンへの恩返し

かつてはオリジナルフレームでモトGPにまで参戦した、日本を代表するレーシングコンストラクターであるモリワキ。そんな彼らが入門レースにこれほど積極的な姿勢を見せるのは「今までモリワキを育ててくれた日本のレース界や、応援してくれたファンに”恩返し”をしたい」という強い思いがあるからだ。

名ライダーを多数育ててきた代表の森脇護氏は、以前に「車両メーカーやオーガナイザーのお仕着せではなく、幅広い層が本当に楽しめて裾野拡大にも繋がる、そんなレースを開催したい」と想いを語ったことがある。モリワキは1980年代の熱狂的レースブームとともに成長し、規模を拡大してきたが、護氏はそれを応援してくれたファンやレース業界への感謝を今も強く持ち続けているのだ。

今回の「モリワキ レーシングライダー公募」というプロジェクトは、護氏を敬愛するモリワキ社員有志が、その想いを叶えるべく団結した結果と言えるかもしれない。いずれにせよ、生粋のレーシングコンストラクターが自社開発レーサーのライダーを一般公募するなど前代未聞。ファンにとって、二度とないチャンスと言っていい。応募要項や募集期間は下記のとおり。モリワキの応募専用サイトを熟読のうえ、「モリワキライダーになりたい!」という思いの丈を熱くぶつけてほしい!

モリワキ|森脇護|MORIWAKI ZERO
モリワキ|森脇護

POP吉村の下でチューニングを学び、独立してモリワキエンジニアリングを設立後は数多くの名ライダーを輩出。今なお多くのライダーから慕われる森脇護氏。カワサキZエンジンの「モリワキモンスター」や、空冷のホンダCBX750エンジンでワークス勢に挑んだ「モリワキZERO」など、シャーシコンストラクターとしても日本を代表する存在だ。 [写真タップで拡大]

モリワキ|GB350|ワンメイクレース|ライダー募集|POP

モリワキレーシングライダーになりたかった、あなたの夢を叶えます!! [写真タップで拡大]

モリワキ鉄馬GB350プロジェクト・募集要項

【応募期間】
◎2022年1月1日(土)~1月18日(火)

【募集人数】
◎1名

【応募対象者】
◎モリワキライダーになりたい方
◎最後までやり遂げる意志のある方
◎取材に応じることができ、顔写真/名前/実年齢等を掲載可能な方
◎2022年(令和4年)1月1日に満12歳以上の方(未成年者の場合、親権者が帯同できる方、また親権者の承諾要)
◎レースウィーク(2022年5月1日決勝)にチームと帯同できる方
◎平日または休日に数回の練習走行や打ち合わせに参加できる方(※要相談)
◎マニュアルミッション車(2輪)に乗れる方
◎日本国内に在住の方
◎コロナワクチンを2回接種済みで、海外渡航を3か月以内にしていない方
※国際ライセンス所持者/モリワキ関係者は応募対象外

【応募方法】
◎モリワキの応募専用WEBサイトより申し込み

【必要事項】
[1]氏名
[2]電話番号(携帯番号)
[3]メールアドレス
[4]郵便番号/住所
[5]年齢/生年月日
[6]バイク歴
[7]所有バイクの有無(有の場合は車種名)
[8]モリワキライダーになりたい理由と応募に懸ける想い
[9]新型コロナウイルスワクチン接種証明(画像を応募フォームに掲載してください)
[10]3か月以内に撮影した顔写真(画像を応募フォームに掲載してください)
[11]ツナギ/ヘルメットなどスポンサー契約の有無(ありの場合、内容をお伺いします)

【選考や通知の流れ】
書類選考後、1月24日に1次選考通過の方に通知。1月25日〜2月5日の間に面接を行い、決定された方には2月11日にモリワキエンジニアリングから連絡。その後モリワキエンジニアリングに来社し、ライダーになる道のりと説明、打ち合わせを行い、走行練習やHSR九州のライセンス取得などの説明を受ける(交通費などはモリワキエンジニアリングが負担)。

【申込先】
株式会社モリワキエンジニアリング GB350ライダー募集係

【注意事項】
◎モリワキライダーになる過程や様子を撮影し、YouTube等で放映します。
◎転倒等による損害(負傷/死亡等含む)は、モリワキエンジニアリングでは一切の責任を負いません。
◎個人情報は、本企画以外には使用しません。

【協賛メーカー(順不同)】
シェルアドバンス/ナイトロンジャパン/ピレリジャパン/アライヘルメット/NGK/モトサロン/SPEED BRAKES/domino/FULLSIX/BURTLE/D.I.D/ISAスプロケット/KOOD/SHORAIバッテリー


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース