モリワキが独自開発レーサーでGB350ワンメイクレースに参戦!?〈YM未来予想〉

モリワキが独自開発レーサーでGB350ワンメイクレースに参戦!〈YM未来予想〉

人気沸騰中のホンダGB350/Sのみ参加できるレースが’22年から開催されることになった。これに、あのモリワキが独自開発のレーサーでエントリーするとの情報をキャッチ。ぜひ公道版にも期待したい!

●文/まとめ:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

人気レース”鉄馬”にGB350クラス新設!

普遍的なバイクらしいクラシックスタイルに、味のある走りで大ヒット中のシングルスポーツがホンダGB350/S。そのワンメイクレースが’22年5月からスタートすることが決定した。

クラスが開設されるのは、HSR九州で開催されるサンデーレース「鉄馬(てつうま)」だ。本来は鉄フレーム+4気筒以上の国産モデル限定だが、参加者の裾野を広げるため、ツインや単気筒クラスも実施を決定。その一環としてGBのワンメイクを行うという。

レギュレーションは現在検討中だが、足まわりのみ改造OKで、エンジンはノーマルになる模様だ。カスタム度やスキルで差が出にくく、白熱したバトルが展開されることだろう。

鉄馬(てつうま)とは?

サンデーレース 鉄馬

熊本県のHSR九州で開催される草レースで15年にスタート。通常は鉄フレーム+4気筒以上限定だが、5月開催の鉄馬フェスティバルでGBワンメイクを行う。「GBの普及を待ちながら長く継続開催したい」と主催者。 [写真タップで拡大]

サンデーレース 鉄馬

‘21年9月の鉄馬ではモリワキがコースレコードをマーク! 乗り手は8耐で表彰台経験も持つ国際ライダーで、現副社長の森脇尚護氏だ。 [写真タップで拡大]

GB350ワンメイクレースのPOINT予想

  • 第1回は’22年5月1日のHSR九州
  • 参加可能車はGB350/Sのみ
  • エンジンは基本ノーマル
  • 足まわりは改造自由?!
  • 国際ライセンス参加NG

名門モリワキがGBワンメイクにエントリーする!?

そこに、さらなるビッグニュースが舞い込んできた! 我々の独自情報によると、あの「モリワキ」がGBワンメイクにエントリーするらしいのだ。

アラフィフ世代に説明は不要だろうが、モリワキエンジニアリングはGPなど世界のレースで活躍した、あまりにも有名な日本を代表するコンストラクター。鉄馬には’20年9月からZ900RS”モリワキ改”で参戦しており、’21年にはコースレコードを叩き出すなど、イベント盛り上げにも貢献してきた。

’19年をもって全日本と鈴鹿8耐の参戦を休止して以降、モリワキは裾野を広げるレース活動や市販パーツの研究開発を目的に活動してきた。鉄馬参戦もそのひとつで、現にZでは鉄馬のノウハウを活かしたマシン製作や公道走行可能なパーツを販売し、セールスも好調だ。となると当然、次はGBでも同様の展開が…と見ている!

Zに続き、次はGBワンメイクにもエントリーすると見られ、当然、独自のチューニングを施したマシンがお目見えするハズ。気の早いヤングマシン編集部では、早速CGでレーサーを造り上げてみたので、ご覧あれ!

モリワキエンジニアリングとは?

モリワキエンジニアリング
[写真タップで拡大]

’73年にヨシムラ出身の森脇護氏が設立。80年代にはワイン・ガードナーや八代俊二ら数々の名ライダーを輩出。独自フレームのマシンでモトGPやモト2にも参戦していた。モナカ管やZEROに代表される市販マフラー/パーツも有名。

〈YM未来予想〉モリワキGB350レーサー

編集部が妄想した鉄馬向けのモリワキマシンがコイツ。’60年代レーサー風のロケットカウルとシングルシートカウル、ゼッケンプレートを与え、懐かしのモンスターエキゾースト、通称”モナカ管”を装着した。もちろん車体色はモリワキカラーのブルー×イエローでキマリだ。

モリワキGB350レーサー|予想モデル

【MORIWAKI GB350 RACER|予想モデル】 [写真タップで拡大]

ホンダGB350
[写真タップで拡大]

【HONDA GB350】’21年4月の発売以来、納車まで半年待ちもザラという超人気車。レースとは縁遠いマシンだからこそ、参加のハードルが低いのだ。■空冷4スト単気筒OHC2バルブ 348cc 20ps/5500rpm 3.0kg-m/3000rpm ■車重180kg シート高800mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/70-18 ●価格:55万円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報