チャレンジ企画や自賠責保険料の情報も

海外の『こんなの欲しい!』やミニ総選挙など…【2021年 WEBヤングマシンBEST5・その他部門】

スクープやニューモデル、用品などにもカテゴライズできない記事群だけれどアクセス数の多かった記事群をまとめ、このBEST5企画の最後にお送りしたい。イタリアで発表されたカスタムバイク「スーパーカブ125X」は、日本でもこんなの欲しい! の代表格。これに続くのは、大人気のホンダ原付二種で次に出して欲しいのは……という民意を問う総選挙企画だった。ジクサー150で実燃費測定に挑むというモーサイ提供のチャレンジ企画も必見だ!

第1位:ホンダ「スーパーカブ125X」登場! 実車はサルディーニャ島イベントとEICMAで公開

生産モデルから逸脱しない=大掛かりな加工を必要としないカスタムパーツで仕上げられたとは思えないスーパーカブ125Xが2021年8月にイタリアで発表され、これが日本人の好みにドンピシャだったためか人気記事に。11月のEICMA 2021でも展示されており、市販化に期待がかかる。誰か日本にも輸入してー!

第2位:ホンダ名作MINIリバイバルを止めさせるな!”NEXT125総選挙”実施【民意よ届け!】

立てよ国民! というわけでヤングマシンが“勝手にアンケート”と称して行なったのが「NEXT復刻125総選挙」だ。ホンダの横型エンジンは初代スーパーカブをオマージュしたC125に始まり、モンキー125、CT125ハンターカブと人気のリバイバルシリーズが続いている。これにほぼ確定のダックス125を含んだ7車を提案して投票を募ったのが本記事である。個人的にはやりすぎ感のあるモンキー125Rがけっこう好き……。

第3位:超低燃費と噂の「ジクサー150」で、東京〜三重間をオール下道走ったらマジ化け物だった!

空冷154cc単気筒エンジンを搭載するスズキのネイキッドモデル・ジクサー150は、巷で「カタログ燃費を大幅に超える」と噂されている。これを受け、モーサイ編集部が体当たりテストを敢行したところ、予想の斜め上をいく好結果が……! おうちに帰れないライダーを生暖かく見守るのがメインテーマかもしれない良記事である。【モーサイ提供】

第4位:自賠責保険料が2年連続の値下げ 自賠責保険審議会により2021年4月から平均6.7%[金融庁発表]

自賠責保険料の値下げを題材にしたもので、初出は2020年1月22日というロングヒット記事。翌年には2年連続の値下げが発表されたため新記事を制作したが、相変わらずコチラのほうが読まれていたことから、誤解を招かないように記事を改訂した。この内容で現在も最新版である。2022年1月中旬頃には令和4年度の保険料について発表があるはずだ。

第5位コロナ禍で新車が買えない?! 欲しいのに…世界的な半導体、コンテナ不足が招く生産遅延

みんなが気になる「新車がなかなか買えない問題」についてまとめた記事がBEST5にランクインした。コロナ禍によるバイク人気と新車のタマ不足が重なり、中古車相場も跳ね上がっている現状とそれらの理由について解説している。さらに、最新人気車の新車/中古車相場も検索できるように……。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース