グラブバー/金色ホイールほか

カワサキ『火の玉カラー』のZ650RS 50th Anniversary登場! 110万円でSTDと同時発売

カワサキは、2022年に誕生50周年を迎えるZシリーズに50周年記念モデルを設定。当初の予想ではZ900RSのみだったが、なんとZ650RSにも火の玉カラーが登場した。その名も「Z650RS 50th Anniversary」は、標準モデルと同じ2022年4月28日に発売されるぞ!

2気筒モデルにも50周年記念車“50th Anniversary”を設定!

カワサキモータースジャパンは、2022年4月28日にZ650RSの国内仕様を発売するのと同時に、初代Z1(正式名称:900super4)をオマージュした火の玉カラーの50周年記念モデルもリリースすることを明らかにした。

1972年の初代Z1が誕生してから、今年で50年。この記念すべき節目を迎えるにあたって、新世代ミドルクラス・レトロネイキッド「Z650RS」に50周年記念モデル「Z650RS 50th Anniversary」が設定された。同時発表のZ900RS 50th Anniversaryと同じく、特別な工程で仕上げられたファイヤーボール(火の玉)カラーを採用。スリムに絞られたタンクと流れるように伸びたテール周りのラインは、Z1が目指し、そして実現したデザインコンセプトである「スリム、スリーク(滑らか)、セクシー」を彷彿とさせる、流麗なラインを描いている。

標準モデルからの主な変更点は下記の通り。

・キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りした艶やかで深みのあるフューエルタンク塗装
・フューエルタンク上部に印されたZ50周年ロゴ
・サイドカバーにあしらわれた専用のエンブレム
・上質感を高めるシボ入りの専用シート表皮
・標準装備されたグラブバー

これらにともない、車重は標準モデル+2kgの190kgに。価格はプラス8万8000円の110万円、車体色はキャンディダイヤモンドブラウンと名付けられた。こちらも標準モデル同様に、安心・安全なモーターサイクルライフをサポートするため、1ヶ月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けられるカワサキケアモデルに指定され、ETC2.0車載器も標準装備となっている。

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

主要諸元■全長2065 全幅800 全高1115 軸距1405 シート高800(各mm) 車重190kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000pmm 6.5kg-m/6700rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■キャスター24°/トレール100mm ブレーキF=φ300mmダブルディスク+2ポットキャリパー R=φ220mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●価格:110万円 ●色:茶×橙 ●発売日:2022年4月28日

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

キャンディカラーを独自の手法で重ね塗りした燃料タンクは、より艶やかで深みのある「キャンディダイヤモンドブラウン」に。タンク上部にはZ50周年ロゴが配置される。サイドカバーの専用エンブレムには「650 DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFT」の文字が。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

遠目には標準モデルと区別しにくいかもしれないが、シート表皮はシボ入りで高級感を醸し出している。ちなみに、写真はおそらくハイシート相当。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

クロームメッキ仕上げのグラブバーを標準装備。クラシカルなデザインが嬉しい。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

スポークホイールスタイルのキャストホイールは、グリーンカラーの標準モデルと同じゴールドを採用。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS 50th Anniversary[2022 model]

前後のゴールドホイールはグリーンカラーの標準モデルと同じだが、車体色とのマッチングにより専用品であるかのよう。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース