人気のフォーティーエイト、2台のお手本カスタム〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

人気のフォーティーエイト、2台のお手本カスタム

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両をピックアップ。今回はハーレーダビッドソンの中でも特に人気の高いXL1200Xフォーティーエイトのカスタム車を2台紹介する。

●文/写真:ウィズハーレー編集部 ●外部リンク:HSC沼津

ブラックの中でエッジカットが際立つ【’16 XL1200Xフォーティーエイト】

まず紹介するのは、静岡県沼津市/静岡市に拠点を設けるカスタムショップ「HSC」の手がけた1台。フォーティーエイトは’16年式以降、スポーク仕様だった前後16インチホイールをキャスト化。このときフロントサスペンションも他のスポーツスターよりインナーチューブ径が10mm 太い49mmカートリッジ式フォークを採用し、フロントエンドをよりボリューミーにした。

このカスタムはビキニカウルやナローバーで、スパルタンなムードを高めた’16年式。黒で統一された車体の中で、鈍く光るメタルの存在感が際立つ。スポークの付け根が切削加工され、ブラックとアルミ地がコントラストを見せるホイールは、フルノーマルであってもフォーティーエイトの見せ場となるが、それを助長するかのようにロッカーボックスカバーやエアクリーナーでもアルミ素材が主張し、大きなポイントとなっている。

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|フロントカウル

ハンドルはハマーサイクル(HAMMER SYCLE)のナローミッドをチョイス。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|タンク
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|イグニッションコイル

燃料タンクは容量12.5Lにサイズアップし、ツートーンにペイント。もちろんタンクアップ、そしてイグニッションコイルの移設は欠かせない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|エアクリーナー

エアクリーナーはアレンネス(ALLEN NESS)のインバーテッド10ゲージ。サイドだけでなく、吸気口の正面からもエアを吸い込み、効率の良いエアフローを実現している。フィルターハウジングは上質なアルミビレット製で、ブラックで統一した車体の中にこのマテリアルが強い存在感を示している。それを挟み込むV字シリンダーの頂点では、純正P&Aレールコレクション ロッカーボックスカバーがグロスブラックの中でコントラストの美しさを見せている。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|グリップ
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|オイルフィルター

グリップやオイルフィルターもアレンネスのベベルシリーズで、エッジカットのデザインに統一。さりげないが、ノーマルホイールの切削加工に合わせたトータルコーディネイトは、見事としか言いようがない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|ソロシート

ソロシートはダイヤモンドステッチにし、ステップはミッドコントロールにコンバート。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|マフラー
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|ウインカー

マフラーはラッシュ(RUSH)製スラッシュダウン。コンパクトなウインカーはケラーマンのバレットアトー。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|HSC沼津カスタム|サドルバッグ

ライセンスブラケットキットはキジマ、サドルバッグはデグナーだ。 [写真タップで拡大]

センス感じるユーロスタイル【’20 XL1200Xフォーティーエイト】

次に紹介するのは、ショップに依頼することなく、個人の方が自分好みに仕上げた1台だ。

オーナーのTetsuさんは、アメリカ暮らしが長かったもののユーロスタイルがお好み。帰国後、初めて購入したバイクが、この’20年式フォーティーエイトだ。カスタムはパーツをご自身でネットなどで購入し、コツコツ手がけた。プロの技術を要するところはセレクテッドカスタムモーターサイクル(神奈川県横浜市)に手伝ってもらったという。

まさにお手本のひとつと言っていいだろう、見事なまでの完成度の高さだ。まず目を引くのがロッカーカバー。精巧な削り出し技術と芸術性あるデザインのラフクラフト(ROUGH CRAFTS)製に換装され、エアファンネルはブラック仕上げのデュアルスロート ベロシティスタック。ブラックアウトしたVツインエンジンをファクトリーカスタムノイズのスポイラーが際立たせている。

タンクは1.5インチリフトアップし、リペイント。バー&シールドには”XXX”とあしらった。エンブレム/サイドマウントしたメーターのリム/スポイラーのグリルガードをゴールドで統一し、アクセントとしているのもセンスを感じてならない。グリルはシルバーだったものをオーナーが自作でカラーチェンジ。お気に入りのポイントとなった。

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ビキニカウル
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ライザー

イージーライダース(EASYRIDERS)のビキニカウルや純正ドラッグバーで、スポーティなスタイルを演出。ハンドル位置はライザーにスペーサーを噛ませ持ち上げた。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|オイルフィルターカバー
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|シート

グリップ/ステップ/オイルフィルターカバーはアレンネスで揃えた。シートはラペラ。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|サイドカバーとETC
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ショートリヤフェンダー

ETC車載器が収まるサイドカバーやショートリヤフェンダーはグリーミングワークス(GLEAMING WORKS)製。ハンドルまわりなどでは目立ってしまうETCを収納できるサイドカバーは、セキュリティ面も万全。エアダクトを彷彿させる流れるようなデザインも秀逸としか言いようがない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|メーター
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ナンバープレートサイドマウント

ゴールドにしたメーターリムやナンバープレートのサイドマウントキットはキジマ製。スタイリッシュさに磨きをかけているが、オイルタンクに油温計を追加するなど、コンディションの管理も抜かりがない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|フォークカバー
ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|ヘッドカバー

ブラックアウトを強調するため、フォークカバーやプッシュロッドカバーなども黒にし、クロームは一切受け付けない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン XL1200Xフォーティーエイト|カスタム|マフラー

マフラーはバンス&ハインズのショートショットで、その名の通り短くフォーティーエイトのシルエットによく似合う。フルヒートシールドでマフラーを覆っているので、いつまでもマフラー焼けを起こさず綺麗なブラックセラミックコートを保てる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース