広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催|モトクロnet

【モトクロnetレポート】全日本モトクロス第2戦(最終戦)決勝

広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された、今季最終戦となるD.I.D全日本モトクロス選手権シリーズの第2戦中国大会。夜間には氷点下まで気温が下がり、早朝のコースは霜で真っ白でしたが、強い日差しと熱いバトルで、日中の会場は意外と暖かくなりました。全クラスとも、この最終戦までチャンピオン決定が持ち越し。IA1は最後の最後にドラマが!

●文/写真:モトクロnet

IA1ヒート1

レース序盤から、山本鯨(#1)と富田俊樹(#2)と渡辺祐介(#3)と能塚智寛(#5)がトップグループを形成。終盤に渡辺がやや遅れ、最終ラップ直前に富田が山本をパスして先頭に。しかし山本が抜き返し、再逆転を狙った富田は逆に能塚の先行を許しました。これで山本と富田は10点差に!

●優勝 山本鯨(#1)

今年最後の大会ということで、残されたヒート2は全力で自分の走りができるように精いっぱい頑張ります。しっかり応援してもらいながら、また一番高いところに立てるよう、午後のレースに向けてチーム一丸となって取り組んでいきます!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報