スペシャル記事|モトクロnet

GOSHI Racingの新たな挑戦【全日本モトクロス】

今季開幕戦、地元大会となるHSR九州での開催にもかかわらず「GOSHI Racing」の姿はありませんでした。しかし会場の目立つ場所には、大きなGOSHIのテントと展示スペース。そして石浦諒選手は、T.E.SPORTのパドックで忙しそうに作業を続けていたのです。今年の「GOSHI Racing」にいったい何が? まずは石浦選手にお話をうかがいました!

●文/写真:モトクロnet

“GOSHI・石浦”を襲った不運のケガ……

「GOSHI Racing」の母体となる合志技研工業は、バイクやクルマの部品を供給する、熊本県合志市を拠点とするパーツサプライヤー。主にホンダ系の部品を量産し、市販ではなくメーカーに直接納入しています。そんな合志技研工業で、技術力の向上とアピールのために社内業務として続けられているのが「GOSHI Racing」。最初はロードレースに着手し、2018年からは全日本モトクロス選手権IA2の石浦諒選手をメインとしてモトクロスでも活動してきました。

しかし2021年の開幕戦、どのクラスにも「GOSHI Racing」のチーム名はナシ。代わりに見つけたのは、全日本最高峰のIA1に参戦する大塚豪太選手のチーム名にあった「T.E.SPORT with GOSHI」という表記でした。同じホンダ系のチームであるT.E.SPORTにGOSHIの名が加わり、石浦選手は会場にいるのに参戦せず……。これはどういうことなのか、石浦選手に直接お話をうかがいました。

「昨年の最終戦に向けた事前テストでマシントラブルにより転倒して、脱臼に加えて手首の舟状骨を折ってしまいました。手術は無事に終わって現在はボルトで固定した状態ですが、舟状骨はかなり回復が遅く、4ヵ月が経過した現在も骨は完全についておらず、手首の動きも半分程度というイメージです。昨年のバイクは、マフラーの開発と車体の改良を続けてきた中で、かなりいい仕上がりと感じていて、最終戦で勝負したいと思っていた矢先の出来事だったので、かなり悔しかったです」


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報