1100にブラウン、500はグリーン

ホンダ「レブル1100/レブル500」に新色アースカラー! 欧州と北米で2022年モデル登場

ホンダは北米でレブル1100の新色を、そして欧州ではレブル1100およびレブル500の新色を発表した。1100のカラーリングは欧米とも共通のブラウンで、500は日本で発売されたばかりのCT125ハンターカブと同じ色名“パールオーガニックグリーン”を採用している。

大型バイクのトップセラーに早くもニューカラーを追加

ホンダは北米と欧州でレブル1100(欧州正式名:CMX1100 REBEL)に新色の“パールスタリオンブラウン”を発表、また同時に欧州ではレブル500(欧州正式名:CMX500 REBEL)に新色の“パールオーガニックグリーン”を発表した。いずれも従来のカラーに追加設定される形(一部従来カラーは廃止も)で、2022年モデルとして2021年12月より順次発売する。

ボバースタイルの新顔として登場したレブルシリーズは、250/300/500/1100のラインナップ展開から各国で好調な売れ行きを見せている。レブル1100はオートマチック運転も可能なDCT(デュアルクラッチトランスミッション)もラインナップし、日本では大型二輪AT限定免許でも運転できるビッグクルーザーとして、3年連続ベストセラーのZ900RSを脅かす勢いだ。

エンジンはアフリカツインの並列2気筒をベースとしながらフライホイールマスを増量し、力強い低中回転トルクでシグナルダッシュは“猛然”という言葉が似合うほどのスタートダッシュを誇る。それでいて、シリーズに共通する低シート高とシンプル&軽量な車体で、ビギナーからベテランまで支持は厚い。

北米におけるレブル1100は、従来色のメタリックブラックおよびボルドーレッドメタリックを継続し、新色のパールスタリオンブラウンを追加。欧州ではガンメタルブラックメタリックのみ継続とし、同じく新色のブラウンを追加とした。

また、欧州でのみ発表されたレブル500については、マットジーンズブルーメタリック、グラファイトブラック、マットアクシスグレーメタリックを継続色とし、パールオーガニックグリーンを新たに加えている。ちなみに、このパールオーガニックグリーンはCT125ハンターカブに追加されたばかりの新色と同名だ。

日本におけるニューカラーの動向は不明だが、同じアップデートが実施される可能性は高い。こちらについては続報が入り次第お伝えしたい。

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

主要諸元■全長2240 全幅834 全高1115 軸距1520 シート高700(各mm) 車重233kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1084cc 87ps/7000rpm 10.0kg-m/4750rpm 変速機6段 燃料タンク容量13.6L■タイヤサイズF=130/70B18 R=180/65B16 ※諸元は欧州仕様DCT ※写真は北米仕様DCT

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Pearl Stallion Brown [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Bordeaux Red Metallic [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]

HONDA REBEL 1100 / DCT[2022 model]Metallic Black [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 500[2022 model]

主要諸元■全長2205 全幅820 全高1090 軸距1490 シート高690(各mm) 車重191kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 471cc 46ps/8500rpm 4.46kg-m/6000rpm 変速機6段 燃料タンク容量11.2L■タイヤサイズF=130/90-16 R=150/80-16 ※諸元と写真は欧州仕様

HONDA REBEL 500[2022 model]

HONDA REBEL 500[2022 model]Pearl Organic Green [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 500[2022 model]

HONDA REBEL 500[2022 model]Pearl Organic Green [写真タップで拡大]

そのほか、ゴールドウイングシリーズは欧州と北米で、FURY(1312ccのVツインを搭載したカスタムクルーザー)は北米で2022年モデルが発表されたので、併せてダイジェスト紹介。

日本でもVT1300CXとして販売されていたことがあるカスタムクルーザー。2022年モデルは特に変更なく継続される模様。色名は“Pearl Yellow”だ。 [写真タップで拡大]

GL1800ゴールドウイングシリーズはご覧のとおり。トップケースのないばがースタイルがゴールドウイング、トップケース付きはゴールドウイングツアーを名乗る。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報