コラム|モーサイ

VWエンジン搭載の「モンスターバイク」に乗り続け25年!アマゾネスオーナーが語る魅力とメンテの苦労

四輪用のエンジンを使ったバイクとして、今なお真っ先に名前が挙がるブラジル生まれの「アマゾネス」。現在50歳以上の人であれば覚えている人も多いかと思うが、1981年に日本に輸入されたときには、スーパーカーブームの余韻や折からのバイクブームも手伝って「世界最大のモンスターバイク」として雑誌やテレビ等で大きく取り上げられた。

当記事で紹介する芳賀吉宏さん(51歳)もそれに影響を受けた一人で、25年ほど前にアマゾネスの中古車を発見して、それまで乗っていた並列6気筒のカワサキZ1300から乗り換え、現在(2020年)まで所有し続けている。

●編集:モーサイ編集部(上野茂岐) ●レポート:高野栄一 ●写真:高野栄一/八重洲出版

VWビートルの1600ccエンジンを搭載するアマゾネスは今も現役だった

今となっては1600ccのアマゾネスより大きな車体や排気量のバイクも珍しくないが、バラバラという空冷ビートルそのものの排気音とともに現れたアマゾネスは、やはり一種異様な雰囲気。

現在までの走行距離は約3万kmと、所有年数の割には少ないものの、急な取材のお願いにもかかわらずちゃんと自走しての登場で、メンテナンスがしっかり行き届いている様子。普段は仲間とともに草津などへツーリングに行ったりしているそうだ。

「ほかに乗っている人は見たことないですね。バンク角は少ないしブレーキの効きも今ひとつ、クラッチも本来は足動のものを手で動かすので重いです。無茶は禁物ですが、重心は低いので峠なんかも結構素直に走ります。燃費も13km/Lとか15km/Lとかですが、20km/Lくらい走ったこともあります。かなり重いんで、立ちゴケして車体に体をはさまれて身動き取れなくなったことはあります。そのときは通りがかった若い人に助けてもらいました(笑)」と語る芳賀さん。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報