川崎重工・創立125周年のお祝いカラーだ

感涙の初代ZXRカラー! SBK・第12戦に出場のカワサキZX-10RRがカッコ良すぎる!

史上最強のSBKチームとして、前人未到のスーパーバイク7連覇に挑んでいるカワサキワークス&ジョナサン・レイ。その第12戦・アルゼンチンに出走したZX-10RRを見て、思わず目を剥いた人も多いに違いない。だだだだってこれ、‘89年の初代ZXR750カラーじゃないの!

●文:ヤングマシン編集部

僚友ロウズはGPZ900Rカラー

レイのワークスZX-10RRがまとうこのカラーは、カワサキ初のレーサーレプリカとして登場した‘89年のZXR750をオマージュしたもの。250や400にも展開され、ZXRのイメージカラーとして印象に残っている人も多いだろう。信越化学のスポンサードを受け、鈴鹿8耐で活躍したワークスZXRの勇姿もファンには懐かしいはず。

さらに、レイの僚友であるアレックス・ロウズの10RRは、1985年式のGPZ900Rカラーにカラーリングするという大サービスも。1984年の初代カラーではなく、あえて‘85年式を持ってきたのは、おそらく「トップガン」でトム・クルーズが駆ったニンジャに寄せたのだと思われます(実際はちょっと違うけど)。

カワサキによると、これは川崎重工の前身・株式会社川崎造船所が1896年に創立され、125周年を迎えたことを記念したカラーとのこと。若干こじつけっぽくもあるので(笑)、10月1日にカワサキの2輪車部門が分社化し「カワサキモータース」として独立したことも関係しているのだろう。

今年はヤマハYZF-R1のトプラク・ラズガットリオグルにポイントでリードされ、少々苦しい戦いを強いられているジョナサン・レイだが、このZXRカラーの威力で巻き返してほしいところ。ちなみにアルゼンチン戦でのレイは、ZXRカラーで走ったレース1、元のKRTカラーに戻したレース2ともに2位。タイトルを争うラズガットリオグルはレース1で1位、レース2で3位という結果となった。

それにしてもさすがはカワサキさん。なんというか、オヤジの殺し方をよくわかってらっしゃる(笑)。ヤングマシンとしてはこの2カラーの市販化、強くつよーく希望します!!

カワサキ|ZX-10RR|SBK|ジョナサン・レイ|ライムグリーン|ZXRカラー

ジョナサン・レイ+ZXRカラーのZX-10RR。ZXRに存在したテールカウルの排気量「(ZXRでは750)」までも再現する拘りぶり。マニアに刺さるぜ! [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-10RR|SBK|ジョナサン・レイ|ライムグリーン|ZXRカラー

燃料タンクにはZXR…ってそのままやんけ! 川崎の「川」の字を模したカウルサイドのリバーマークは新生「カワサキモータース」のロゴマークとして使われる。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-10RR|SBK|アレックス・ロウズ|GPZ900Rカラー

こちらはアレックス・ロウズ号の“トップガン“カラー。黒と赤のツートーンを銀ラインで区分けするこのパターンは、GPZ400RやGPZ1000RXなどでも使われた、‘80年代後期カワサキの定番カラーでもある。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-10RR|ZXR750|GPZ900R

カワサキがツイッターにアップした、カラーリングの由来となった車両との比較。メーカー仕事だけにさすがの再現クオリティ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ZX-10RR|SBK|ジョナサン・レイ|アレックス・ロウズ

ジョナサン・レイ(左)とアレックス・ロウズのツーショット。レーシングスーツやヘルメットの寄せっぷりもお見事! [写真タップで拡大]

カワサキ|ZXR-7|鈴鹿8耐|信越化学

1990年の鈴鹿8耐に出場したカワサキZXR-7(ZXR750ベースのワークスマシン)。シリコンなどで知られる信越化学工業がメインスポンサーだった。 [写真タップで拡大]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021
WEBヤングマシン|最新バイク情報