ダイネーゼ×ライドハイ

レーシングスーツのコブ(ハンプ)の役割とその歴史を知ってますか?

レーシングスーツのコブ(ハンプ)の役割とその歴史を知ってますか?

最新バイクであれば、一般のライダーでも大きなサーキットのメインストレートで200km/hを出すのは難しくない時代。そのスピード域でもリラックスしてライディングを楽しめている理由を考えたことはありますか?

ハンプが登場した頃、空力は考えられていなかった

1988年、ダイネーゼのライダーが初めてハンプ付きのレーシングスーツを着用してレースに臨んだが、これは空力のためではなく、バックプロテクターの延長として導入されたものだったのである。

バックプロテクターは、ライダーを怪我から守る革命的なプロテクターとして重宝されていたが、首がある一定方向に曲がった時に頸椎を保護できないという課題もあった。

そこでダイネーゼが開発したのが、柔らかい素材で作られたハンプ。

衝撃吸収性に優れた素材を用いて、ライダーの動きを妨げない形状でバックプロテクターではカバーしきれない部分を保護し、安全性と自由度、快適性を確保したのだ。

誰がこのハンプの空力性能に気がついたのか。

レースで初めてハンプ付きのレーシングスーツを使ったのは、1988年、ボローニャ(イタリア北部の都市)出身のピエールフランチェスコ・キリだった。

しかし、ハンプの可能性が評価されたのはそれから数年後。

初めて“ヒジスリ”をしたプロライダーとして歴史に名を残す、ジャン・フィリップ・ルジアがこのハンプのある秘密に気がついたのだった。

→全文を読む|写真8点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

記事提供:ライドハイ

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報