Harley Davidson PAN AMERICA1250×ライドハイ

【ハーレー パンアメリカ1250スペシャル インプレ】アドベンチャー系のフロントローに並ぶ完成度

近年、ここまでキャラクターの予想がつかないバイクは珍しい。確かにビッグアドベンチャーは世界的にブームで、様々なメーカーが参入してきているカテゴリー。製作したくなるのはよくわかるが、それだけに見た目だけのモデルが多いのも事実。果たしてハーレーダビッドソンのパンアメリカはどのあたりに位置するのだろう?

ハーレーダビッドソンがハーレーダビッドソンではないハーレーダビッドソンを作ってきた

パンアメリカの試乗会にRIDE HIアドベンチャー担当(?)の宮城 光さんと参加した。試乗会場は軽井沢。一般的なワインディングと浅間火山レースも開催された跡地であるダートコースを走れるという。

会場に登場したパンアメリカを2人で眺める。
「思ったよりも大きいですね」と僕。「そうかな? 写真よりスリムに見える。頻繁にアドベンチャーモデルに乗っている僕からしたら、どちらかというとスリム。写真で見ていた時は重厚に感じたけれど、その大きさにはまったく違和感がない」と宮城さん。

BMWのGSをきっかけに、ほぼすべてのメーカーがアドベンチャーバイクをラインナップする時代になり、気がつけば四輪も様々なメーカーがSUVに参画。ランボルギーニやマセラッティまでがラインナップに加え、確かにダートなど走らないSUVが大半だからそれはそれでアリなのだが、バイクはどのメーカーもPVでは激しくオフロードを走りシーンがアピールされ、その本当の実力がなかなか見えにくいのが現状だ。

もちろんアドベンチャーを買ったからといってオフロードを走らなければいけないわけではない。でもせっかく買ったのならツーリング先で林道に入ってみたくなるのが人情。しかし、そこで林道に入ったことを後悔するバイクも多いのだ。

「正直、大変なモデルもある。ダートに入るとこんなに上手く走れないかなぁって……」と宮城さん。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報