人気のフォーティエイトスタイルを格安でゲットする術【’15モデル以前でも最新48カスタムに!】

人気のフォーティーエイトスタイルを格安でゲットする術

中古車市場でも高値がつく大人気モデルとなった、ハーレーダビッドソンXL1200Xフォーティエイト。もはや入手困難、諦めるしかないのか……。ならば発想を転換して、他のスポーツスターをベースに48スタイルをつくってしまおう!!

●取材協力: HSC沼津

奥義! 格安フォーティエイトゲット術

「XL1200Xというだけで価格が高騰気味にある」と教えてくれたのは、ハーレーカスタムで名高いHSC沼津の佐々木代表取締役社長。なかでもキャストホイール化された’16年式以降が人気だという。そこで提案したいのが、’15年式までの1200Xや他のスポーツスターで現行フォーティエイト”風”を作ってしまうという奥義。

スポークホイールなら社外品でキャスト化すればいいし、1200Vのようにナローフォークならゴッソリフロントまわりを交換。1200Vならタンクはフォーティエイトと同じで、お得感もたっぷりだ。’13年登場のCAやCBリミテッドを含め、1200Cやパパサンでもエンジンやフレームといった基本構成は共通なのだから、決して難しくはない。

どこまで近づけるかにもよるが、ぜひプロに相談してみよう!!

HSC沼津|佐々木綱柄社長
[写真タップで拡大]

【HSC沼津 佐々木綱柄社長】「エンジンやフレームが共通のスポーツスター。他のモデルをフォーティエイト風にしてしまうのは、じつはそれほど難しいことではありませんよ」と語る。

狙い目ベースモデルはコレだ!!

カスタムベース|'11-'15 XL1200X初期型

【’11-’15 XL1200X初期型】比較的入手しやすいスポークホイール仕様。 [写真タップで拡大]

カスタムベース|'13-'15 XL1200CBなど

【’13-’15 XL1200CBなど】ブラックエンジンならタンク交換を視野に! [写真タップで拡大]

カスタムベース|'12-'16 XL1200V

【’12-’16 XL1200V】メッキエンジンだが48タンク装着! [写真タップで拡大]

奥義! ホイール交換より軽くスタイリッシュに!

スポークホイールの初期型をキャストホイールに変更するのには、ハイクオリティかつスタイリッシュなアルミ鍛造ホイール「グライド」がおすすめだ。価格/品質/デザインを重視した“カジュアルスポーツ”をコンセプトに掲げ、ハーレーオーナーに軽快な走りを提供する。豊富なサイズ設計でボルトオン設計だから、スポーツスターに限らずダイナやソフテイルにも適合する。

また、ツーリングシリーズは45ディグリーズオリジナル(28万500円)が設定され、カスタマイズの可能性が無限大に広がっている。

キャストホイール|GLIDE_9S
[写真タップで拡大]

【グライド 9S】9本スポークデザインや個性を演出するスポーク部のボールエンド加工など、ハイクオリティかつファッショナブルなアルミ鍛造ホイール。コントラスト、アルマイトブラック、グロスブラックの3タイプが選べる。●価格:11万9900円[アクティブ]

キャストホイール|GLIDE_S18
[写真タップで拡大]

【グライド S18】主張しすぎず、さりげない機能と個性を演出。ハブから伸びる9本スポークとサイドのボールエンド加工が、グライドの従来モデル・9Sのアイデンティティを継承する18本スポーク仕様。ゴールドも設定され、スポーティだ。

キャストホイール|45ディグリーズ オリジナル
[写真タップで拡大]

【45ディグリーズ オリジナル】●価格:28万500円

奥義! 社外タンク使用や12.5LタンクのままもOK

フォーティエイトユーザーでも、7.9Lでは容量が少ないからとアイアンらの12.5Lタンクに交換してしまうことがある。リーズナブルな社外品に換装してしまうのも手だ!

12.5Lタンク

アイアンの12.5Lタンクに換装し容量アップ。ツーリングが快適に。 [写真タップで拡大]

フォーティエイトカスタムのお手本。欲しかったスタイルとスポーツスターらしい軽快な走りが手に入る!

HSC沼津にてカスタムされたフォーティエイト、実際に乗ってみよう。

アルミ鍛造ホイールによる足まわりの軽量化は、車体を引き起こす瞬間から感じられ、走りがより軽やかになっている。ハイパープロサスペンションがしなやかに動き、ハンドリングの応答性やトラクションに優れるのも見逃せない。硬すぎず柔らかすぎないセッティングは、日本のライダーに最適な設定で提案される”ジャパンスペック”ならでは。速度域の低いストローク初期は柔らかく動いて路面の小さなギャップを吸収し、高負荷がかかるコーナリングや急ブレーキ時は奥で踏ん張って底付きを防ぐ。

HSC沼津フォーティエイトカスタム

HSC沼津フォーティエイトカスタム [写真タップで拡大]

バネ下が軽いのは、ベルトドライブのスプロケットをアルミ鍛造フルビレットから削り出したトランプ製に交換しているところも大きい。ブラックアルマイトが施され、さり気なく存在をアピール。軸ブレが極限までゼロに近づけられ、パワーをダイレクトに駆動輪へ伝える。

吸排気はアレンネス製ハイフローエアクリーナーと、サヴィッキースピードショップ2in1マフラーの組み合わせ。経験豊富な技術とあらゆるデバイスを知り尽くすノウハウでインジェクションチューニングが施され、低中速域からトルクが太く、高回転域もパワフルに回る。サウンドも迫力があって、じつに心地良い!

足まわりを軽量かつ強化し、エアクリーナー+マフラー+チューニングでエンジンもパワフルに。スポーティさに磨きをかけたフォーティーエイトは、よりアグレッシブにライディングできるようステップをフォワードコントロールからミッドコントロールに移した。中古車ベースで最新カスタムを施し総合力を上げたお手本と言えよう!!

HSC沼津フォーティエイトカスタム

【タンクリフトアップ】フォーティーエイトに限らないが、特にスポーツスターで人気の小ワザがタンクのリフトアップ。マウント位置をさり気なく上げて、窮屈さを解消! 【グライド ホイール9S】ベース車両はクロススポーク仕様の’15年式だが、グライドホイールでキャスト化。スポーティさを見事に演出した。【フォワードコントロール→ミッドコントロール】フォワードコントロールのフォーティーエイトだが、ミッドステップに戻し車体を操りやすく。スポーツスターならではの軽快な操作性が気持ちいい!! [写真タップで拡大]

HSC沼津フォーティエイトカスタム|RSDタンクキャップ
[写真タップで拡大]

【RSDタンクキャップ】ご自慢のフォーティーエイトタンクもノーマルキャップのままでは少し味気ない。キャップも個性をアピールする重要ポイントとなる。

HSC沼津フォーティエイトカスタム|サヴィッキスピード 2in1 フルエキゾースト
[写真タップで拡大]

サヴィッキスピード 2in1 フルエキゾースト】グランドクリアランスを確保するアップスウィープデザインが、アグレッシブな走りを実現。豪快なサウンドも魅力となっている。

HSC沼津フォーティエイトカスタム|ハイパープロ サスペンション

【ハイパープロ サスペンション】路面追従性が向上し、ツーリングでの疲労を軽減。ワインディングや高速クルージングでも。1ランク上の走りに誘ってくれる高性能サスだ! [写真タップで拡大]

HSC沼津フォーティエイトカスタム|フルビレットスプロケット

【フルビレットスプロケット】バネ下重量を軽減し、エンジンのトルクアップにも対応するトランプ製ライトスプロケット タイプ2 。ブラックアルマイト仕上げで見た目にも美しい。 [写真タップで拡大]

HSC沼津フォーティエイトカスタム|トランプコブラシート
[写真タップで拡大]

【トランプ コブラシート】お世辞にも座り心地が良いと言えない純正ノーマルのソロシート。トランプ製のコブラシートなら「お尻が痛い」はもちろん解消。走りも変わる!

HSC沼津フォーティエイトカスタム|キジマ ミッドコントロールキット 2014-16 XLスポーツスター
[写真タップで拡大]

【キジマ ミッドコントロールキット 2014-16 XLスポーツスター】●価格:5万7200円

HSC沼津フォーティエイトカスタム|キジマ ミッドコントロールキット 2014-16 XLスポーツスター
HSC沼津フォーティエイトカスタム|キジマ ミッドコントロールキット 2014-16 XLスポーツスター

純正フォワードコントロールのポジションから230mmバックし48mmアップ。純正ミッドコントロールから20mmフォワード、50mmアップ。付属のブレーキアームにはシフトペグの装着が可能で、左右お揃いのペグが使える。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報