ポケットにも収まるコンパクトな盗難防止ロック〈ミツバサンコーワ バイスガードシリーズ〉

バイスガードエアを使用

盗難防止に欠かせない盗難防止用品は、その役割を果たすため”重くて頑丈”であることが多い。そうした先例を覆すのが、ETC 車載器やドライブレコーダーで有名なミツバサンコーワが製造販売するバイスガードシリーズだ。その最新版「バイスガードエア」と「ガードッグバイスガードII」の2種を紹介する。

●取材協力: ミツバサンコーワ

軽くてかさばらず強度も十分な「バイスガードエア」

どれほど警戒していても被害に遭う機会がなかなか減らない、バイクの盗難。警察庁の資料によれば、’20 年1~12月のバイク盗難の認知件数は9018件で、単純計算で1日あたり24.7台が盗難されていることになる。愛車が突然目の前から消えるショックは計りしれないが、さらに残酷なのは検挙率が16.5%しかないこと。この現実を見れば、盗難対策の重要さが分かるはず。

純正ハンドルロックやイモビライザーと併用して、チェーンロックやブレーキローター用のディスクロックなどの盗難防止用品を活用しているライダーは多いが、破壊されにくさ/頑丈さを重視すればロック自体が大きく重くなるのは仕方ないとされてきた。

そうした先例を覆すのが、ETC 車載器やドライブレコーダーでおなじみミツバサンコーワの新製品「バイスガードエア」だ。チェーンロックはがいかに頑丈そうか見た目も重要なのだが、その点では威圧感は皆無で頼りなく感じなくもない。だが柔軟性に富む幅30mmのベルトは、警察官などが着用する防護ベストの素材としても用いられる特殊防刃繊維をベースに、ステンレスワイヤーを編み込んだ専用素材を使用している。

ニッパや番線カッターなど金属素材の切断を得意とする道具だと柔軟性のある防刃繊維を切りにくく、カッターやハサミだと繊維の表面を滑ってしまい、刃を突き立ててもステンレスワイヤーを切断できない。

強度を優先して”剛”ばかりに頼るのではなく、”柔”の要素を取り入れて耐切断性能を高めているのが魅力的な、新世代のセキュリティアイテムと言える。

製品ラインナップは、ベーシックなベルト単体の「バイスガードエア」と、アルミダイキャストボディの南京錠が付く「バイスガードエアコンボ」の2タイプ。車両の固定はもちろんヘルメットや小物の固定も想定して、ベルトの長さは3種類用意されている。2本のステンレスワイヤーを内蔵したベルトには「VICEGUARD」のロゴマークが編み込まれている。

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエア|長さ違いの3種類

【ミツバサンコーワ バイスガードエア】●希望小売価格:1500mm4400円 900mm3300円 350mm2200円 [写真タップで拡大]

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエアコンボ|鍵付き、長さ違いの3種類

【ミツバサンコーワ バイスガードエアコンボ(鍵付き)】●希望小売価格:1500mm5500円 900mm4400円 350mm3300円 [写真タップで拡大]

特殊防刃繊維とワイヤーの二層構造

柔軟性はナイロンと同等ながら切創に対する強度に優れた特殊防刃繊維を使用することで、ソフトな見た目と裏腹の防犯能力を発揮する。あらゆる刃物や道具に耐えられるわけではないのはすべての盗難防止用品に共通するので、複数の防犯用品と併用するのがベター。バイスガードエアは持ち運びが容易なので、プラスアルファの防犯用品としても重宝する。

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエア|カッターの刃をあてる

[写真タップで拡大]

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエア|ハサミの刃をあてる
盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエア|ニッパの刃をあてる

[写真タップで拡大]

車体本体からヘルメットホルダーまで

小さく丸めて運べるから、収納スペースが少なくても持ち運びに困らないのが大きなメリット。頑丈だが持ち運びが面倒なチェーンやワイヤーロックを自宅用に、バイスガードエアを外出用にといった使い分けをするのも良いだろう。350mmタイプは車体固定用としては短いが、ヘルメットの固定に便利。ベルトの表面はソフトなので、塗装面を傷つける心配も無用だ。

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエア|ホイールと柱をつなぐ
盗難防止ロック|ミツバサンコーワ バイスガードエア|車体とヘルメットをつなぐ

[写真タップで拡大]

ブレーキロックとアラームで駐輪場でも安心の「ガードッグバイスガードII」

バイクが一定範囲で前後するチェーンロックやディスクロックと異なり、フロントブレーキを強制的に掛けることで1mmたりとも押し歩できなくなるだけでなく、イタズラを検知すると大音量のアラームで知らせてくれるのが「ガードッグバイスガードII」。

後部のヒンジを軸に開閉する本体をスロットルグリップとブレーキレバーにかぶせて、レバーを引きながら閉じるだけでロック。隣りのバイクとの距離が近くても車体下部にしゃがみこむ必要もない。またハンドル部分に装着することで周囲に対しても効果的なアピールができる。さらに目立つ場所に取り付けることで、オーナー自身の外し忘れも予防できる。

アラームは本体内部のセンサーによって起動し、駐車している車体が起こされるなど車体の角度が一定以上に変化したことを検知すると、110dBの警報が鳴り響く。ブレーキがロックして動かせない上にアラームが鳴るのであれば、防犯用品として心強い。バイスガードエアと併用すれば、盗難抑止効果がさらに向上するだろう。

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ ガードッグ・バイスガードII|ブレーキを固定する

[写真タップで拡大]

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ ガードッグ・バイスガードII

【ミツバサンコーワ ガードッグバイスガードII】●本体色:ブラック レッド グリーン ●希望小売価格:1万1660円 [写真タップで拡大]

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ ガードッグ・バイスガードII|裏側
盗難防止ロック|ミツバサンコーワ ガードッグ・バイスガードII|スイッチ

[写真タップで拡大]

盗難防止ロック|ミツバサンコーワ ガードッグ・バイスガードII|付属のディンプルキー
[写真タップで拡大]

ダイキャストとガラスファイバーを含有した極厚樹脂を組み合わせた本体は強度抜群で、レバーの引き具合は任意の幅に調整できる。アラーム機能のON/OFFは下部カバーのスイッチで設定し、作動時は上部カバーの青色LEDが点滅する。警報はアラームをセットした時点から角度が約9度変化すると作動し、付属のディンプルキーでカバーを開かないと解除できない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報