静電気抑制/撥水のW効果を持つコーティング剤「スタティックガード」【静電気が巻き起こす問題を解消】

撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用

現代のバイクは、ABSをはじめトラクションコントロールやエンジンマップ変更といった電子制御部品が多く装着されており、車体の帯電量が増加している。また走行中に発生する静電気もクセモノで、車体にまとわりつくことでホコリや花粉を吸着させたり空気の乱流を起こす原因にもなる。そこでゴーライド編集部が紹介するのは、撥水性コーティング剤をベースに、静電気抑制効果をバランスさせることで撥水/静電気抑制を同時に発揮させるという、ライダーにもマシンにも嬉しいコーティング剤(現在特許出願中)だ。

●写真:長谷川徹 ●取材協力:ヤザワ

撥水/静電気抑制の2つの効果を同時に発揮するコーティング剤「スタティックガード」

走行中に発生する静電気は、車体にまとわりつくことでホコリや花粉が吸着する/静電気による空気の乱流で風切り音が大きくなる/高速走行時の横風による振られを増大するなど、気づかないうちにライダーにとって疲労につながる原因のひとつになっている。そこで、撥水性コーティング剤をベースに静電気抑制効果をバランスさせ、撥水と静電気抑制を同時に発揮するよう開発(現在特許出願中)されたのが、この「スタティックガード」だ。

撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用
[写真タップで拡大]

【ヤザワ スタティックガード ボディ用】●成分:特殊変性シリコーン 静電気防止剤 ●対応:全塗装色 ●内容量:250g ●価格:4950円

撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用
[写真タップで拡大]

使用方法は簡単で、容器をよく振りながら、塗布したいところへスプレーするだけ。トランポなど金属ボディ面への塗布は、キズ防止のために洗車後の濡れた状態で使用する。ホイール/エンジン/樹脂パーツ/ヘルメットなどに使用できるが、ガラスとタイヤには使用できない。

撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用
[写真タップで拡大]

スプレーしたら、付属のマイクロファイバークロスで拭き上げるだけ。水分を拭き取れば塗布完了となる簡単さ。

静電気によって生じる不具合の軽減は目を見張るほど!!

今回はバイクのボディ/ヘルメットのバイザー/スマホ画面に塗布してみた。テスト当日は無風だったので、横風による振られは確認できなかったが、確実にバイザーの風切り音は少なくなり、走行中にバックミラーを確認するために頭を振ってみると、明らかに動きが軽くなったのを体感できた。また、スマホもタップによる反応の正確さが良くなったように感じたし、花粉や黄砂の付着を低減してくれる効果も期待できそうだ。

撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用|ヘルメット使用例
撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用|ヘルメット使用例

ヘルメットのバイザーにも塗布してみたところ、走行中の風切り音が少なくなり、頭の振られも減少。ツーリング時の疲労を軽減してくれるアイテムだ。 [写真タップで拡大]

撥水&静電気抑制コーティング剤|ヤザワ スタティックガード ボディ用|スマホ使用例
[写真タップで拡大]

スプレーしたマイクロファイバークロスでスマホ画面に塗布。動作の正確性がアップ、誤作動が少なくなったように感じた。ふと、あ…ガラス面? と塗布した後に気づいたが、結果良くなったので万事OK!!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報