’21 ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロ試乗ショートインプレ【オーリンズ搭載の最上位機種】

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:ドゥカティジャパン

ドゥカティ スクランブラーの最大排気量モデル=1100シリーズは、トラクションコントロール/ライディングモード切り替えといった1100ならではの電子制御装備と、排気量から来る野太いトルクフィーリングがその持ち味。’21年はカテゴライズが刷新され、オーリンズ製前後サスペンションを備える最上位機種が「1100スポーツプロ」となり、バーエンドミラー装備の一文字ハンドルがそのアイコンになっている。

21 ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロ

【’21 DUCATI SCRAMBLER 1100 SPORT PRO】■空冷4ストV型2気筒SOHC2バルブ 1079cc 86ps/7500rpm 8.9kg-m/4750rpm ■車重206kg(装備) ●色:艶消黒 ●価格:195万4000円 [写真タップで拡大]

21 ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロ|Lツインエンジン
[写真タップで拡大]

ユーロ5に適合された伝統の90度Lツインは排気量1097cc。ドゥカティらしい蹴り出し感の強いキャラクターがこれでもかと味わえる一方で、トラクションコントロールも装備し思い切ったアクセルワークが楽しめる。

21 ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロ|ハンドルまわり
[写真タップで拡大]

若干低めにセットされ、コーナリング時には乗り出すような姿勢になるスポーティな一文字ハンドルが特徴的。実際に走ってみると前方の視界が広く確保され、これがなかなかに爽快だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報