映像は前後編で2本同時公開!

【映像】ドゥカティ新型「モンスター」丸山浩が国内最速でインプレッション!

ドゥカティジャパンは日本仕様の新型モンスター/モンスター+を正式発表。2021年6月26日に発売するが、我々ヤングマシンは丸山浩さんのモーターステーションTVと共同で速攻取材を敢行! 速報記事に続いて、インプレッション前後編をお届けしたい。

●まとめ:ヤングマシン編集部 ●写真:長谷川徹 ●映像:MOTORSTATION TV

足着き性のよさ、ハンドル位置の自然さと切れ角に驚く!

ドゥカティジャパンが2021年6月26日に発売する新型モンスターを、さっそく街乗りや高速道路、ワインディングロードに持ち込んでテスト! 乗るのはもちろん丸ちゃんこと丸山浩だ。

走る前に跨った段階で、775mmという日本仕様専用のシート高からくる足着きのよさに感嘆。ハンドルバーの位置は自然で、左右の切れ角は36度と国産車並みだ。走り出すと3000rpmあたりから十分なトルクがあり、親しみやすさが強調される。

さらにワインディングに持ち込み、そのスポーティな走りに触れた後は、ドゥカティのツインらしい荒々しさの残るフィーリングを確認。たっぷりと走りのインプレッションをお届けし、後編では各部のディテールを解説していく。

ドゥカティらしさとは何か、そしてモンスターらしさとは。ヤングマシンのメインテスターとしての長年の蓄積をもとに丸山浩が導き出した答えとは……。

【映像×2】丸山浩の速攻インプレ!

さらに詳細なインプレッションは、2021年6月24日発売のヤングマシン8月号にて!

DUCATI MONSTER+[2021 model]

車体はトータルで18kgの軽量化を達成(先代モンスター821比)。 [写真タップで拡大]

DUCATI MONSTER+[2021 model]

ハンドル切れ角は7度も増し、最小回転直系は-1.14m! [写真タップで拡大]

DUCATI MONSTER+[2021 model]

【DUCATI MONSTER+[2021 model]】主要諸元■全長/全幅/全高未発表 軸距1474 シート高775(各mm) 車重188kg(装備)■水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ 937cc 111ps/9250rpm 9.5kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■キャスター24°/トレール93mm ブレーキF=φ320mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ245mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:149万5000円~151万5000円(STDモンスターは144万5000円~146万5000円・受注生産) ●色:赤、灰、黒 ●発売日:2021年6月26日

DUCATI MONSTER+[2021 model]

DUCATI MONSTER+[2021 model] [写真タップで拡大]

ドゥカティ新型モンスターのライディングポジション|ライダーは丸山浩 身長168cm/61kg……足着きのよさ、手を伸ばしたところに自然にあるグリップ、フラットでワイドなハンドルバーが従来のモンスターだったが、新型は違う。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報