二輪車が普通車の50%割引になる

来年4月~11月、ETC搭載バイクは土日祝の高速料金が37.5%割引に! ※事前申込&100km超のみ

1年後の割引プランを今発表するのか……。と不思議に思った方も少なくないだろうが、それはともかくとしてNEXCO東日本、中日本、西日本の3社が管理する高速道路において2022年4月~11月の土日祝日、ETCおよびETC2.0を搭載した二輪車を対象とする定率割引が実施されることになった。

といっても、以前に実施されたものと同様にインターネットを介して日時を指定した事前申込が必要、かつ100kmを超える走行が対象となり、まだまだ不便な面は残っている。また、情報を知らなければ恩恵にあずかることもできず、国土交通省の本気を感じるには至らない。

二輪車の既存の定率割引には、地方部で実施されている平日朝夕割引と、地方部および大都市部で実施される深夜割引がある。前者の平日朝夕割引は100km以内かつ反復利用のみに限り最大50%割引となるもので、後者の深夜割引は0時~4時の間にNEXCO3社が管理する割引対象道路を走行すれば全車が適用される(走行距離や適用回数制限なし)というもの。

来年実施の二輪車定率割引は、これら既存の割引と重複しない形で運用され、土日祝日の6時~翌朝6時までに対象となる高速道路を走行し、走行距離が100kmを超えると適用される方針だ。割引率は37.5%となり、二輪車は通常料金が普通車の80%であることと掛け合わせると、普通車の50%で通行できることになる。

なお、これらの割引内容については、今後の検討により変更される場合もあるとのこと。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報