ワークマン’21春夏新作:コーデュラユーロデュアルジャケット3900円&パンツ3900円で猛暑を乗り切れ!

ワークマン'21春夏新作:コーデュラユーロデュアルジャケット3900円&パンツ3900円で猛暑を乗り切れ!

欧米の洗練されたスタイルとワークマンが培ってきた高機能の融合。これをコンセプトに’19年の春夏シーズンに誕生したフィールドコア「コーデュラユーロ」シリーズが、徐々にライダー向けへと舵を切り始めた。通気性の向上やプロテクター用ポケットの追加など盛りだくさんな機能を備える。本記事では’21春夏ラインナップから猛暑を乗り切る「デュアルジャケットNEO&パンツ」を紹介する。

●文:大屋雄一 ●写真:小見哲彦 ●取材協力:ワークマン

【テスター:大屋雄一】テスター歴はおよそ四半世紀で、試したバイク用品は優に4ケタを超えるモーターサイクルジャーナリスト。好きが高じて19年にワークマンの公式アンバサダーに就任した。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO:冷えすぎを心配!? フード追加でカジュアルに

前身頃に4つのポケットと着脱可能なスマホケース。ウエストの両サイドにはペットボトルホルダー。左上腕にはスマホも余裕で入るペンケース。背中にはA4サイズのノートが入るほどの大型ポケットがあり、ここを裏返すとジャケット全体が入ってしまうというポケッタブル仕様の「フィールドコア コーデュラユーロデュアルジャケット」。さらに左胸にはメガネなどを引っ掛けるのに便利なデイジーチェーンや、両袖をファスナーで取り外せばベストとしても着られるなど、とにかくギミック満載だ。そんなデュアルジャケットが、本体生地を一新して「NEO」へと進化した。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO|ワークマン

【FIELD CORE CORDURA EURO DUAL JACKET NEO CJ005B】●特徴:通気性 再帰性反射 耐摩耗 ●サイズ:M L LL 3L ●色:オーロラホワイト オーロラグリーン ●価格:3900円 [写真タップで拡大]

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO|ワークマン

[写真タップで拡大]

新たに採用された3Dオーロラメッシュは、従来のUVカット生地よりも肉厚でありながら、第三者検査機関によって20倍もの通気性が認められたという。その効果は絶大で、走行風が加速度的に抜けていく印象だ。気温が25℃を超える夏日でも、下に着ているのが吸汗速乾系のアンダー1枚だと肩付近が寒いと感じるレベルで、ここまで涼しいメッシュジャケットは記憶にない。しかも、肌触りが優しい上に汗ばんでいても脱ぎ着が容易なのだ。

このNEOでは、着脱可能な撥水フードと袖口のアジャスターが追加されたのもポイントだ。フードは昨今のライディングジャケットのアイコン的な装備であり、不要ならファスナーで簡単に取り外し可能だ。袖口のアジャスターはフィット感を調整するのに効果的で、先代のストレッチバイアステープに対し質感向上に貢献している。

これだけ進化していながら価格は据え置き。この涼しさ、お試しあれ。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO|撥水フード|ワークマン
[写真タップで拡大]

新たに追加された撥水フード。小顔効果やカジュアル感が出せることから今やライディングジャケットの定番装備であり、ついにワークマンもこれを採用した。ファスナーにて容易に着脱可能。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO|3Dオーロラメッシュ|ワークマン
[写真タップで拡大]

新開発の3Dオーロラメッシュを採用。先代の本体生地よりも肉厚でありながら、第三者検査機関調べにより従来比で20倍もの通気性が確認されている。肌触りが優しいのもポイントだ。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO|アジャスター付き袖口|ワークマン
[写真タップで拡大]

袖口はストレッチバイアステープによる処理から、アジャスター付きへとワンランクアップ。アームホールから袖を外せるギミックは継続採用。ベストとしても着られる2ウェイ仕様なのだ。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルジャケットNEO|ユーロバッグ|ワークマン
[写真タップで拡大]

ユーロバッグと名付けられた取り外し可能なスマホ用のケース。収納したままでもタッチパネルの操作ができるほか、下部の固定はベルクロなので画面をパッと確認したいシーンで重宝する。

こんな人におすすめ
・昨今の猛暑に懲りて、とにかく涼しさ最優先!
・袖が外せるなどギミックの多さに魅力を感じる

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ:ライダーからの意見で更新。着実に進化する優良パンツ

’19年のデビュー以来、3本購入するほど気に入っているのがこの「デュアルパンツ」だ。最初のきっかけは、シュッとしたカーゴパンツが欲しいという単純なものだった。3900円はワークマンの春夏用ボトムスとしては最高額であり、実際に穿いてみるとサラリとした肌触りや適切な立体裁断による動きやすさ、洗濯後の乾きの早さなど、スペックに表れない性能に感心。1本目は不注意で破ってしまったのですぐさま2本目を購入。’20年は新色に惚れて3本目を手に入れたところ、裾幅を調整するボタンが追加されていたり、膝裏がメッシュになっているなど、地味ながらも進化を目の当たりにした。

さて、’21年のモデルをチェックしよう。カタログからは新色としてサンドベージュが追加されたことぐらいしか読み取れないが、実物をくまなく見てみると、パッドが収まる膝のポケットの奥にメッシュポケットが追加されているではないか。これは「市販のプロテクターを入れたい。でもポケットが大きいので位置がズレる」という多数のライダーの声を反映したものだ。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ|ワークマン

【FIELD CORE CORDURA EURO DUAL PANTS CP005A】●特徴:耐摩耗 UVカット ●サイズ:M L LL 3L ●色:サンドベージュ(新色) ブラック ダークグリーン ●価格:3900円 [写真タップで拡大]

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ|ワークマン

[写真タップで拡大]

このデュアルパンツ、くつろぐ際にはハーフパンツにできるし、また膝がコーデュラで補強されているのでペグ打ちの際に気にせず地面に膝をつけられるなど、キャンプ向けのパンツとも言える。実際、’20年に赴いた北海道ツーリングは全日キャンプ泊だったのだが、このパンツの利便性に何度も感心した。

なお、ポケットは全部で8か所。価格は登場時から据え置きであり、この多機能ぶりは試してみる価値大だ。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ|ユーロニーパッド|ワークマン
[写真タップで拡大]

膝部分をコーデュラで補強し、その下にユーロニーパッドと名付けられた2.5mm厚のパッドを内蔵。’21年モデルはさらに市販のプロテクター用のメッシュポケットをこの内部に追加している。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ|3Dムービングポケット|ワークマン
[写真タップで拡大]

前後4か所の3Dムービングポケットは下半分が本体生地から分離しており、物をたくさん入れても穿き心地が窮屈になりにくい。こちらもデイジーチェーンが装備されている。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ|ハーフパンツ仕様|ワークマン
[写真タップで拡大]

ファスナーで膝から下を外すとハーフパンツ仕様に。’20年モデルで裾幅調整ボタンが追加されたほか、さらに膝裏がメッシュに。ポリエステル65%+綿35%のリップストップ生地は継続。

フィールドコア コーデュラユーロ デュアルパンツ|ユーロバンド|ワークマン
[写真タップで拡大]

グローブやタオルなどを掛けるのに重宝するユーロバンド。このほか、キーホルダーを掛けるためのD環や5ポケットジーンズでお馴染みのコインポケットなど、便利なギミックが目白押し。

こんな人におすすめ
・キャンプシーンでも使える多機能なボトムスが欲しい
・乗車時のプロテクション性能もおろそかにしたくない


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報