’70~’80年代イメージのデザイン

レプリカ発売希望! マルク・マルケスがMotoGP第8戦ドイツGPでレトロカラーのヘルメットを使用

2021年6月18日~20日にドイツ・ザクセンリンクで開催されるMotoGP第8戦ドイツGPにおいて、レプソルホンダチームのマルク・マルケス選手はスペシャルカラーのヘルメットを使用する。1970~1980年代のWGPをイメージしたレトロ風カラーリングを施したSHOEI・X-Fourteenが、マルケス選手のSNSなどで公開された。

マルケス選手は、弟のアレックス・マルケス選手とともにSHOEIの契約ライダーとしてフラッグシップモデルのX-Fourteenを愛用しており、昨年11月には2024年までの4年間の契約更新に合意している。2010年以来、マルケス兄弟とSHOEIは目覚ましいサクセスストーリーを築き、ロードレース世界選手権のMoto3、Moto2、MotoGPの3カテゴリーでともに獲得したタイトル数はなんと10! 世界最速の兄弟とSHOEIの物語はまだまだ続いていく。

マルク・マルケス選手のヘルメットは蟻がトレードマークになっているが、時折使用されるスペシャルカラーのヘルメットはその限りではなく、過去には招き猫やビリヤードの8ボールなどをモチーフにしたものも。一部はレプリカモデルが市販に至っている。

このレトロカラーモデルはかなり人気が出そうな気がするが、いかがでしょうSHOEIさん?

Marc Márquez retro-style one-off design SHOEI X-Fourteen

Marc Márquez retro-style one-off design SHOEI X-Fourteen [写真タップで拡大]

Marc Márquez retro-style one-off design SHOEI X-Fourteen
Marc Márquez retro-style one-off design SHOEI X-Fourteen

Marc Márquez retro-style one-off design SHOEI X-Fourteen [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報