往年の“ブーメラン ストライプ”

70年代スタイルの特別な「モンキー125」がタイで登場! 古き良きホンダを可愛らしく表現

ホンダ「モンキー125」のスペシャルカラー「Monkey 70’s Ride」がタイで発表された。モンキーやスーパーカブなど、趣味系スモールが集うカブハウスで取り扱う模様で、今のところ詳細は不明。カッコイイことだけは間違いない!

●情報提供:CUB House

昭和かっ! シンプルな空冷のホンダが愛されていたあの頃の……(感涙)

今年の3月、ホンダはタイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」のオンラインライブで、ロングストローク&5速ミッションの新エンジンを搭載した新型モンキー125を発表した。同時にロングストローク&4速ミッションの新型スーパーカブC125も発表し、これらは日本への導入も心待ちにされている。また、スペックに変更はないものの現地では“サファリグリーン”と名付けられた新色のCT125ハンターカブも登場している。

そんな125クラスが熱を帯びるタイで、早くも新型モンキー125のスペシャルカラーモデルが発表された。といってもまだ詳細は不明で、カブハウスオリジナルの特別仕様だろうということと、昭和というか1970年代のホンダの大衆向けバイクをモチーフにしているであろうこと、そしてブラック、ブルー、レッドの3色バリエーションがあることしかわかっていない。

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]

HONDA Monkey 70’s Ride[Thailand]Black [写真タップで拡大]

ではあるものの、これが見ての通りカワイイしカッコイイのである。モチーフとしたのは1975年発売のモンキーZ50J-IIあたりのようだが、ほかにも当時のマシンが採用していたストライプで似た雰囲気がありそうなものをピックアップしてみた。

それにしても、タイで公開された写真には日本の1970年代当時のカタログを意識したようなものが多く、中には看板などに日本語が見られたりも。どうやら昭和の日本を愛でる気持ちは、日本人だけのものではないようだ。

まずは公開された写真素材を御覧あれ!

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]

ロゴといい背景といい、昭和を意識したような、それでいて現代の若者らしくもある。このカラーは“ブラック”と呼ばれる。 [写真タップで拡大]

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]

フィルムの粒状感を狙ったような味わいもステキ。 [写真タップで拡大]

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]

明らかに昭和ライダーの風景。タンクのストライプ模様は何種類かあるようだ。よく見ると後ろの看板の電話番号、アタマにある国番号(+66)はタイである。芸が細かい。ちなみに右のは“レッド”。 [写真タップで拡大]

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]

よき。絶妙に気取った上方やサングラスがなんとも言えない味わい。 [写真タップで拡大]

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]

あぁ~、こんな風景あったかも! と思わずにはいられないおっさんである。左のは“ブルー”。 [写真タップで拡大]

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
[写真タップで拡大]

カタログ風。折り目のついたところから印刷が剥げそうな、そんなにいい紙を使ってなさそうな演出がたまらない。

HONDA Monkey 70's Ride[Thailand]
[写真タップで拡大]

おお400。 ……というヨンフォアのカタログを思い出した方もいらっしゃるのでは。ちょっと違うのだけれど雰囲気ということで。ちなみに筆者は初代CB400Fourと同い年。

モチーフはこのあたり?

1974年のモンキー Z50J。 [写真タップで拡大]

1975年のモンキー Z50J-II [写真タップで拡大]

下の動画はCUB HouseのFacebookで公開されたもので、その中に「インスパイアされたバイク」としてモンキー Z50J-IIの姿も出てくる。

さらに、このへんに寄せても面白いかも……というものを適当にピックアップ。適当なので「これ違う」とかはご容赦くだせぇ……。

1978年のベンリィCB50JX-I。こんな色もあったら面白いかも。 [写真タップで拡大]

1978年のベンリィCB50JX-I。こちらは配色も似ている。 [写真タップで拡大]

1977年のホーク CB250T。ストライプが力強い。 [写真タップで拡大]

1981年のCB125T。うーん、チョイスしてみたけどコレジャナイ感。 [写真タップで拡大]

といったところで、「Monkey 70’s Ride」が日本に入荷する見込みは限りなく薄いが、こんな昭和っぽいカラーリングは大アリだぞ! と思わずにいられなかったので記事にしてみた次第である。モチーフになりそうなものはいくらでもあるし、カスタムの参考にしてみてもいいかも。

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]※参考

【HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]】主要諸元■全長1711 全幅754 全高1028 軸距1143 最低地上高174 シート高775(各mm) 車重103kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123.94cc ボアストローク50.0×63.1mm 圧縮比10.0 出力未発表 変速機5段 燃料タンク容量5.6L■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ※諸元はタイ仕様

ホンダ モンキー125 タイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×黄 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×赤 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×黒 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報