車体寸法はほぼ踏襲

ホンダ新型「スーパーカブC125」のスペックが判明! グロム系の新エンジンは4速で確定

●文:ヤングマシン編集部

ホンダは、3月にタイで行われたオンラインライブで2021年モデルのスーパーカブC125を発表。これが新型エンジンを搭載するとしていたが、スペックなどの詳細が判明したので改めてお届けしたい。

エンジンはグロムや新型スーパーカブ110などとベースを共有か

タイで続けざまに発表された新型モンキー125、CT125ハンターカブの新色に続き、スーパーカブC125の新型も発表された。一見するとニューカラーを設定しただけにも思えるが、ニューエンジンを搭載した新型となっている。

新しいエンジンは、日本でも正式発表された新型グロムと同じボアストローク[50.0×63.1mm]を採用し、圧縮比も新グロムと同じ10.0:1となっている。となると、すわ! 5速エンジンか!? と先走りたくなるが、これは従来と同じ4速トランスミッションを踏襲。おそらくは、自動遠心クラッチのロータリーミッションゆえに、5速化するとせわしなくなってしまい、バイク本来のキャラクターに合わなくなってしまうからだろう。

また、車体寸法は全長/全幅/全高/ホイールベースといった数値が従来からほぼ変わらず。日本仕様との比較では、表記方法が5mm単位の日本仕様と細かい表記のタイ仕様といった違い程度のようだ。ただし唯一、最低地上高については125mmの現行日本仕様と136mmの新型タイ仕様とハッキリ違っており、これはエンジンサイズやマフラーの取りまわしによる変化と思われる。

精巧につくられた……という意味だろうか、新型スーパーカブC125は「CRAFTED」をキーワードとしている。精巧に、丹念に形づくられた魂とバイク。 [写真タップで拡大]

ニューカラーのマットブラックは日本でも人気が出そう。エンジンはコンパクト化されているようにも見える。 [写真タップで拡大]

赤いダブルシートは素直に羨ましい。日本仕様はオマージュ色の強いカラーリングが主だが、タイ仕様の自由な発想のカラーリングもGOOD! [写真タップで拡大]

車重は現行日本仕様110kgに対し新型タイ仕様は109kgだが、測定方法や細かい仕様の違いなどの影響と思われ、エンジンの変更が直接的に影響しているかどうかは判然としない。

エンジンの形状の違いについては3月の記事に準じるが、右側から見るとエンジンオイル給油口の位置やカバーの形状が明らかに異なっている。左側の外観では、昨秋タイで発表された新型スーパーカブ110のロングストロークエンジン(47.0×63.1mm)とカバー形状のスターターモーター部分が酷似しているのが見て取れる。

タイで発表された新型スーパーカブC125。ニューカラーやダブルシートでガラリと印象が変わっているが、ボディデザインは現行を踏襲している。 [写真タップで拡大]

こちらは日本仕様の現行モデル。オイル給油口付近のクラッチカバー形状を見比べると、目立ちにくいがハッキリと異なっていることがわかる。 [写真タップで拡大]

ジワリと始まった横型シリンダーエンジンのモデルチェンジは、スーパーカブ110から新型グロム、そして今夏には日本でも発表される見込みの新型モンキー125へと展開してきている。

ただし、これはあくまでもタイ仕様における話。日本ではクロスカブ110のニューカラー(青)登場も近いとされており、タイで新型スーパーカブC125と同時に発表されているCT125ハンターカブはエンジンに変更が加えられていないことからも、少なくとも遠心クラッチのカブ系に使用するエンジンの更新を、ホンダはそれほど急いでいないように思える。

新ロングストロークエンジンの採用は、高効率化したベースを多機種展開で共用することによって、規制対応とコスト抑制を同時に行うのが主な目的だろう。したがって、新型グロムや新型モンキー125(タイ発表)のように“5速化”といったトピックがなければ、急いでモデルチェンジする必要性はそれほど高くないはずだ。63.1mmのロングストロークを生かした150cc化などがあるなら、その限りではないが……。

日本におけるスーパーカブ/クロスカブ/ハンターカブシリーズについては、新型エンジンにこだわって2022(2023?)年モデルを待つよりも、欲しい時に気に入ったカラーを買う、という判断で問題なさそうだ。いずれにせよ、日本仕様についての続報は入り次第お届けしたい。

スターターモーターをマウントしている位置を右側から見るとこんな感じ。この箇所に相当する左側カバー形状を見てほしい。 [写真タップで拡大]

こちらはタイ発表の新型スーパーカブ110のもの。エンジン上部の三角形の部分がスターターモーター位置だ。この形状を比較したい。 [写真タップで拡大]

タイで発表された新型スーパーカブC125。下の現行モデルと比べると、微妙な微妙な違いではあるがスターターモーター付近のカバー形状が異なっている。新型タイ仕様スーパーカブ110とほぼ同じだ。 [写真タップで拡大]

日本仕様の現行モデル。大きな違いではないので、左側の外観で素早く判別するのは難しいかもしれない。 [写真タップで拡大]

LEDヘッドライトやその周辺、フェンダーなどの形状は現行モデルを踏襲している模様。マフラーカバーは色が異なっているが、こちらも形は大きく変わっていないように見える。 [写真タップで拡大]

Honda Supercub C125[2021 Thailand model]

タイで発表された新型スーパーカブC125。一見するとニューカラーの設定だけだが……。

Honda Supercub C125[2021 Thailand model]主要諸元■全長1910 全幅718 全高1002 軸距1247 最低地上高136 シート高780(各mm) 車重109kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123.94cc ボアストローク50.0×63.1mm 圧縮比10.0 出力未発表 変速機4段 燃料タンク容量3.7L■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ※諸元はタイ仕様 [写真タップで拡大]

スーパーカブC125【国内2020年モデル】:初代C100へのリスペクトから生まれたプレミアムモデル

1958年に発売された初代スーパーカブC100の誕生60周年を記念して、’18年に登場した「スーパーカブC125」。初代のスタイルやカラーをオマージュするが装備は最新。エンジンはモンキー125と同系の横置き空冷単気筒で、WMTCモード66.1km/Lの好燃費を誇る。切削仕上げが美しいC125専用キャストホイールにはチューブレスタイヤを履き、フロントブレーキは油圧式ディスク。”かもめハンドル”に埋め込まれた前ウインカーやレンズが飛び出したリヤウインカーなど灯火類はフルLEDで、スマートキーによるアンサーバックで自車位置を知らせる機能も装備する。コンパクトなリヤキャリヤもボディ同色にペイントするなど、とことん質感を高めたスペシャルなカブだ。

ホンダ スーパーカブC125[2021 国内仕様]主要諸元■全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 最低地上高125 シート高780(各mm) 車重110kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 124cc ボアストローク52.4×57.9mm 圧縮比9.3 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm 変速機4段 燃料タンク容量3.7L■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●価格:40万7000円 ●色:青、灰、黒 ●発売中 [写真タップで拡大]

カラーバリエーションは、初代C100モチーフの青×赤シートに加え、’19年はグレー、’20年にはブラックが追加されて3色がラインナップされる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報