グロム系の5速ミッション横型単気筒

ホンダ新型「モンキー125」詳細判明! カワイイ短足スタイルにパワフルな新エンジン

●文:ヤングマシン編集部

ホンダは、3月に行われたタイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」のオンラインライブで、2021年モデルの新型モンキー125を発表。その時点で、ブラックアウトしたフレームと足まわりに5速ミッションの新エンジンを組み合わせることがわかっていたが、タイで詳細スペックが正式発表されたので改めてお届けしたい。

新型グロムが搭載するロングストローク単気筒をモンキー125にも!

ホンダはこの3月に、タイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」によるオンラインライブイベントで2021年モデルとなる新型「モンキー125」を発表した。

なんといっても目玉となるのは、「5速ミッションのニューエンジンを搭載」と謳っていることだ。“従来よりもさらにエキサイティング”な新型エンジンの存在を明言し、そのエンジンの外観は日本でも正式発表された新型グロムのものと瓜二つなことがわかっていた。

さて、その後に公開されたスペックからは、やはり新型グロムや新型スーパーカブC125(タイでのみ発表)と同じボアストローク[50.0×63.1mm]の123.94ccエンジンであることが判明。圧縮比10.0や5速ミッションの搭載もグロムと同様だった。

残念ながらタイ仕様の慣例として出力関連は公表されていないが、グロム同様、ロングストローク化とともにトルクアップ&出力向上を果たし、さらに厳しい排出ガス規制に対応していることも確実だ。

タイ発表のカラーリングは3色あり、現行モデルとは上下反転させたような配色でホワイトの代わりにシルバーを用い、可愛らしい現行に対してメカニカルな印象をアピール。併せてフレーム&スイングアームやホイールもブラックアウトされ、精悍なボディデザインとなった。

エンジン以外のスペックはほぼ従来型と同様だったが、気になるのはホイールベースだ。日本仕様との比較になるが、現行日本仕様の1155mmに対し、新型タイ仕様は1143mm。表記ルールの違いはあるにせよ、10mm以上異なるということは、実際の寸法も違っていると見て間違いないだろう。また、最低地上高が現行国内仕様の160mmに対し新型タイ仕様は174mmとなっている点も見逃せない。

というわけで写真を並べて比較したところ、ハッキリと識別はできないものの、エンジン変更にともないスイングアームピボット位置が前進したか、スイングアームが短くなったか、それともどちらも少しずつ変わったのか……。いずれにせよリヤホイールのアクスル位置が前進している模様。また、リヤフェンダーの取り付け角度が少し変わっているように見えなくもないが、とにかくフェンダー/リヤタイヤ間の開きが、見てわかるくらいには大きくなっている。

現行国内仕様が発表された際の、デザインを説明するための図版。左真横のスタジオ写真素材がこれしかなかったのでご容赦願いたい。 [写真タップで拡大]

こちらはタイ発表の新型モンキー125。リヤフェンダーまわりの印象が変わり、短足スタイルになっている。ホイールベースも短い。 [写真タップで拡大]

考えられる効果としては、ショートホイールベース化によるクイックな操縦性の獲得や、シートからリヤタイヤのグリップが感じやすくなるといったあたりが想定できる……が、とりあえず見た目が短足かつ尻尾の長いサルのようで、さらに可愛らしくなっているのは間違いない。

新型モンキー125は日本でも導入が予想され、情報筋によれば今夏発表のセンが濃厚。ホンダは原付二種クラスがとても充実しており、車種選びに大いに悩むことになりそうだが、これに新型モンキー125も加わるとなると本当に悩ましい。なお、タイ仕様にはABSが装備されていないようだが、日本仕様が登場する際には標準装備となるはず。続報が入り次第お届けしたい。

オールニューと高らかに謳われる新型モンキー125。ライディングの楽しみだけじゃない! とも。 [写真タップで拡大]

ブラックとイエローもあり、合わせて全3色のカラーバリエーションに。 [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]

【HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]】主要諸元■全長1711 全幅754 全高1028 軸距1143 最低地上高174 シート高775(各mm) 車重103kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123.94cc ボアストローク50.0×63.1mm 圧縮比10.0 出力未発表 変速機5段 燃料タンク容量5.6L■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ※諸元はタイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×黄 [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×赤 [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×黒 [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]ディテール

フルLEDの灯火類やフェンダー、ホーン位置、サスペンションなどは現行モデルと見分けがつかず。エンジンのリニューアルが最大のトピックと見て間違いない。 [写真タップで拡大]

Monkeyのロゴ入りサイドカバーや、その後ろに見えるヘルメットホルダーなども現行を踏襲しているように見える。 [写真タップで拡大]

燃料タンクの塗り分けパターンは現行モデルから上下反転。ホワイトに代わりシルバーが上面に配置されるように。 [写真タップで拡大]

左側から見るとエンジンが新型になっているかどうかは分かりにくい。スイングアームまわりやサスペンションにも大きな形状変更はなさそうだ。 [写真タップで拡大]

クラッチカバーにおけるオイル給油口が前後逆の配置になっているのが新型エンジンの目印。点検窓は塞がれているが、車種によって作り分けられるのだろうか。 [写真タップで拡大]

【参考】新型グロムのエンジンはご覧のような外観。写真は北米のみラインナップされるスペシャルカラーのグロムSPだ。 [写真タップで拡大]

モンキー125/ABS【国内2020年モデル】

ホンダ モンキー125[2020 mode]】主要諸元■全長1710 全幅755 全高1030 軸距1155 最低地上高160 シート高775(各mm) 車重107kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.1kg-m/5250rpm 変速機4段 燃料タンク容量5.6L■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●価格:40万7000円 ●色:赤、青、黄、黒 ●発売中 ※諸元はABS [写真タップで拡大]

“遊び心”で右に出るモノがない「モンキー」。50年に渡って生産された50ccモデルは惜しまれながら2017年に生産終了したが、グロムをベースに125ccで2018年に復活! Z50Z系の台形燃料タンク/タックロールシート/倒立フォーク/2本サスペンションなど、”モンキーらしさ”を満載。

カラーバリエーションは赤/黄/青/黒の4色。燃料タンクやサイドカバーだけでなく、フレーム/スイングアーム/アウターチューブ/スプリングまで同色だ!

[左]バナナイエロー/[右]パールグリッターリングブルー [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

パールシャイニングブラック


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報