Pick-up|ライドハイ

【MotoGPコラム Vol.1】ポルトガルGPでのマルク・マルケスの復活劇と、ある言葉に秘められた9か月間

MotoGP第3戦ポルトガルGPでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が復帰を果たした。2020年シーズン初戦スペインGPの決勝レースで右上腕骨を骨折。そして2021年3月上旬のカタール公式テストから第2戦ドーハGPまで欠場が続いた。第3戦ポルトガルGPでのマルケスの復活劇を追った。

●文:ライドハイ(伊藤英里) ●写真:MICHELINHondaHRC

再びMotoGPで走ることは夢(my dream)だった

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)のMotoGPカムバックは人間的だった。マルケスは決勝レースを7位でフィニッシュし、ピットに戻ってきた。多くのチームスタッフ、関係者が彼を拍手で迎える。マルケスはバイクを降りて奥の椅子に向かい座り込むと、ようやくヘルメットを脱いで何かに耐えるようにうつむく様子が放送に映し出された。

木曜日の会見、そして金曜、土曜を終えたあとの取材でも、マルケスの口調や表情は以前とはあまり変わらないように見えた。しかし、MotoGP.comで公開されているスペイン語のインタビュー動画では、声を詰まらせて涙をこらえていた。そして「It was tough.(つらかった)」と一言。この動画を見た人も多いだろう。

「感情が僕の正しい言葉だ」と、マルケスは決勝レースを終えた後、オンラインで行われた取材会で述べた。

「いつもなら、僕は心の中で感情を留めておきたい。でも(今日は)メカニックがいるピットに戻って、感情が爆発して、コントロールできなかった。本当に長かった」


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報