MotoGP×ライドハイ

マルケスは30歳でもタイトルを獲れる? ポル・エスパルガロ起用の意図は?/ホンダMotoGPインタビュー

●文:ライドハイ(伊藤英里)  ●写真:Honda , MICHELIN

2024年までマルク・マルケスとの契約を更新したホンダ。さらに2021年から2年間、ポル・エスパルガロの起用が発表された。経験豊富なライダー2人がタッグを組むことになる。そんなライダー起用の根底にある考え方、そして次期エース候補についてホンダはどのように考えているのか。

30歳でタイトルを獲得したのはバレンティーノ・ロッシが最後

2020年2月20日、ホンダはマルク・マルケスと2024年まで契約を更新したことを明らかにした。4年という長さは、2年、ときには1年の期間で契約が結ばれる昨今のMotoGPにあって珍しい。それは2024年までマルケスをエースとしてMotoGPに挑む、というホンダの宣言だと考えられた。

2024年までレプソル・ホンダ・チームで戦うマルケス。現在までにMotoGPクラスで6度のチャンピオンを獲得している。 [写真タップで拡大]

ここからはあくまでも数字上の話である、ということを前もって断っておきたい。実はさかのぼってみれば、30歳を超えたライダーがチャンピオンを獲得した例は数少ない。2009年に30歳でタイトルを獲得したバレンティーノ・ロッシが、近年では最後である。さらにそれ以前となれば、WGP 500ccクラスで1998年にタイトルを獲得したミック・ドゥーハンにまでさかのぼらねばならない。ドゥーハンが最後にチャンピオンとなったのは、33歳のときだった。つまり、ロードレース世界選手権の最高峰クラスで、30歳を超えてチャンピオンに挑むのは、簡単ではないということだ。

マルケスは1993年生まれ。2024年には31歳を迎える。もちろん、上述のような記録は破られるためにある。そして、マルケスは幾多の記録を打ち破ってきた。けれど、少なくともデータからは年齢的な難しさが読み取れるということもまた、事実である。

ここでいったん、マルケスのチームメイトに目を向けたい。ホンダは2021年、2022年のマルケスのチームメイトとしてポル・エスパルガロを起用する。2014年からMotoGPクラスで戦い、4年を過ごしたKTMからの移籍となるエスパルガロ。今年30歳、すでにベテランライダーの域だと言っていい。それ以前に目を向ければ、2019年にはホルヘ・ロレンソがレプソル・ホンダ・チームに起用されている。2019年シーズン末の電撃引退がなければ、2020年までマルケスのチームメイトだったはずだ。

ホンダが「本当にやりたいこと」

すでに実績、キャリアともに十分なマルケスのチームメイトに、なぜ経験豊富なライダーを起用するのか。育成の意味を含めた若いライダー起用の可能性はなかったのか。ホンダのライダー起用の根底にあるものとは何か。こうした疑問を、HRCレース運営室長である桒田哲宏さん、同じくRC213V開発責任者の子安剛裕さんに投げかけた。

「過去にも何度かお話をさせていただいているのですが」、そう前置きした桒田さんの回答は、実にシンプルだった。

→全文を読む|写真9点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報