今年の新作ヘルメットを解説

’21最新ヘルメットカタログ〈フルフェイス|SHOEI編〉Z-8試用インプレetc.

’21最新ヘルメットカタログ〈フルフェイス|SHOEI編〉

●まとめ:沼尾宏明 ●文:沼尾宏明 ●取材協力:SHOEI

Z-8:見事なまでの静粛性と軽い着用感を実現

軽量コンパクトなフルフェイスとして知られるZ-7がリニューアルし、「Z-8」に進化した。’14年発売のZ-7から実に7年ぶりの刷新で、全面的に性能と使い勝手を向上。最上級のXフォーティーンで培ったエアロダイナミズムを筆頭に、ベンチレーション効果/静けさ/デザインなど全面的に魅力が増している。

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

[写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
[写真タップで拡大]

【SHOEI Z-8】フル着脱内装 曇り止め機能標準装備 ●規格:JIS SG ●サイズ:XS S M L XL XXL ●色:単色7色 グラフィック8色 ●価格:単色5万6100円 グラフィック6万6000円 ●発売時期:DEDICATED2は6月 ※写真のカラーリングはマットブラック

まず帽体については、従来のAIM構造からXフォーティーンと同様のより軽量&高剛性なAIM+に変更された。Z-8の平均重量はLで1415g(SHOEI発表値)で、実物を手にしても軽い印象を受ける。

さらに、空力と静粛性を徹底して磨いた。走行時の浮き上がりは3%減、前方から押し付けられる力は5.5%減。新設計シールドには風切り音を抑えるボーテックスジェネレーターを導入した。ロックが左側からセンターに変更され、全閉時の密着性が向上したほか、ボリュームを増した頬パッドが風の侵入を抑え、静穏性に貢献する。

被ってみると、実に軽やか。普段SHOEIでLサイズを被る筆者がLを試したところ、特に後頭部のサポート感が厚く、まさに頭に吸い付くような感覚だ。走行すると30km/h程度から額に風を感じる。額の吸入孔は従来の1穴→2穴とし、リヤの排気ダクトも大型化。シャッターの操作が固いのがやや気になるが、換気性能は抜群だ。何より驚いたのは静けさ。100km/hでは平和そのもので、ゴーッという風切り音がほぼなく、チンガードを着用すれば巻き込み風も皆無。確認で首を向けても振られることなく、見事に安定している。この静穏性と空力性能は、現行製品でトップレベルと言っていい。

単色では従来型比で6600円高となるが、その価値は十分あるだろう。約1万円高となるXフォーティーンも候補に入ってくるが、公道がメインの人はZ-8を選んでソンはないハズだ。

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

【換気性能は先代より大幅に向上】上記は100km/h相当の風を約1分送風した時点での内部温度降下を現したグラフで、Z-8は前作のZ-7より素早く全体が涼しくなっている。額と左右の吸気孔は3段階調整式で、リヤダクトは常時開放式。 [写真タップで拡大]

カラーバリエーション

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

[左から]ルミナスホワイト/パサルトグレー/ブラック [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

[左から]マットブルーメタリック/マットディープグレー/マットブラック [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

[左から]ワインレッド/デディケーテッド2/ミューラル [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

[左から]プロローグTC-1/TC-4/TC-5 [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8
フルフェイスヘルメット|SHOEI Z-8

[左から] プロローグTC-8/TC-10/TC-11 [写真タップで拡大]

Xフォーティーン:狙うは勝利。最高峰のレーシング仕様

同社の最高峰モデルで、200km/h超を想定したエアロスポイラーを他社に先駆けて搭載。額/口元とも上下2段のエアインテークを備え、頬にも風を導入する。内装は前傾度合いに応じて被りの角度を調整可能だ。

フルフェイスヘルメット|SHOEI X-FOURTEEN

【SHOEI X-FOURTEEN】フル着脱内装 曇り止め機能標準装備 ●規格:スネル JIS MFJ ●サイズ:XS S M L XL XXL ●色:単色5色 グラフィック16色 ●価格:単色6万6000円 グラフィック8万300円~8万3600円 [写真タップで拡大]

GTエア2:バイザーほか旅機能満載の豪華ツアラー

シャープなエアロ帽体に大型のトップベンチレーション、歪みの少ないロングタイプの内蔵サンバイザーを組み合わせたツーリングモデル。専用設計のセナ製インカム(別売)もビルトインできる。

フルフェイスヘルメット|SHOEI GT-Air II

【SHOEI GT-Air II】フル着脱内装 曇り止め機能/防眩バイザー/ラチェット式バックル標準装備 ●規格:JIS ●サイズ:XS S M L XL XXL ●色:単色6色 グラフィック20色 ●価格:単色5万6100円 グラフィック6万4900円 [写真タップで拡大]

グラムスター:このレトロっぷりで実は高機能

丸いフォルムとシンプルさを追求したネオクラモデル。一方で帽体は軽量コンパクトな最新型で、額に開閉式ダクト、チンガードに開放式の吸気スリットを備える。走行風が帽体内を通り、内部は快適だ。

フルフェイスヘルメット|SHOEI GLAMSTER

【SHOEI GLAMSTER】フル着脱内装 曇り止め機能標準装備 ●規格:JIS ●サイズ:S M L XL XXL ●色:単色5色 グラフィック3色 ●価格:単色4万7300円 グラフィック5万6100円 [写真タップで拡大]

EXゼロ:往年のフォルムが最新技術で復活

’80年代のEXシリーズをオマージュしたオフ系デザインが特徴。レバー開閉式の内蔵シールドをはじめ、AIM帽体による安全性やフル着脱内装など機能十分だ。

フルフェイスヘルメット|SHOEI EX-ZERO

【SHOEI EX-ZERO】フル着脱内装 ●規格:JIS ●サイズ:XS S M L XL XXL ●色:単色6色 グラフィック1色 ●価格: 単色4万4000円 グラフィック5万2800円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報