ハヤブサ飛翔伝説プレイバック#4【2代目’08〜’14:より速く優しい197psに進化】

●まとめ:沼尾宏明

[’08] +41ccで197psに到達。使い勝手と外観も熟成

’99年にデビューしたスズキ ハヤブサは、’08年に全面変更を受けて第2世代へ進化。エンジンは初代をベースに1299cc→1340ccへ増強し、メッキシリンダーやチタンバルブなど最新技術を惜しみなく投入。最高出力は175ps→197psと22ps増を実現した。フレーム形状はほぼ同様ながら、各部をリニューアルし、ねじれ剛性を10%向上したスイングアームやラジアルキャリパーなどを採用。外観は初代を踏襲しつつ、高級感を向上し、スクリーン高の15mmアップなどで快適性も向上した。

'08 スズキ ハヤブサ1300|外観

【’08 SUZUKI HAYABUSA1300】■全長2190 全幅735 全高1165 軸距1480 シート高805(各mm) 車重220kg(乾) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1340cc 197ps/9500rpm 15.8kg-m/7200rpm ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 [写真タップで拡大]

'08 スズキ ハヤブサ1300|エンジン
[写真タップで拡大]

ストロークを2mm増し、ボア81×ストローク65mmに。バルブはスチール→チタンとし、高回転での正確な作動を実現した。なお軸間距離は5mm減、キャスター/トレールは23°25/93mmと短縮したが、若干ツアラー寄りの性格になった。

'08 スズキ ハヤブサ1300|エンジン
[写真タップで拡大]

FIのスロットルボディ径はφ44mmに大径化。さらにインジェクターは4→12ホールとし、各バルブにダブルで備えたSDTVを採用した。これを制御するECUも進化。

'08 スズキ ハヤブサ1300|クランクシャフト
[写真タップで拡大]

ストロークを2mmアップするために、5ジャーナルの鍛造クランクシャフトを新設計。ロングストローク化に合わせて、ウェイブバランサーも見直した。

'08 スズキ ハヤブサ1300|エンジン
[写真タップで拡大]

鍛造ピストンは強度を高めつつ1.4g軽量化し、小端ピンもφ20→18mmに小径化。ピストンリングは耐久性と平滑性を高めるPVDコートを施した。同時にコンロッドの耐久性も向上。

'08 スズキ ハヤブサ1300|メーター
[写真タップで拡大]

メーターは上質な5連タイプに一新。状況に応じて3パターンの出力特性が選択できるS-DMSを新たに獲得し、中央の液晶パネルにモードの状態やギヤ段数などを示す。

[’13] ブレンボ+ABS獲得。車名が「HAYABUSA」に

’13年モデルでは、フロントブレーキキャリパーを従来のトキコ製からブレンボ製に変更。同時にABSも初めて導入した。リヤは’08時点で対向2ポット→ピンスライドのトキコ製1ポットを採用したが、変わらず。また車名を「ハヤブサ」とした。

'13 スズキ ハヤブサ|外観

【’13 SUZUKI HAYABUSA】 [写真タップで拡大]

'13 スズキ ハヤブサ|キャリパー|ブレンボモノブロック
'13 スズキ ハヤブサ|電子制御式ABS

キャリパーは従来のツーピース構造から軽量&高剛性なブレンボ製モノブロックに換装。常に安定した制動力が得られる電子制御式ABSも標準装備した。 [写真タップで拡大]

[’14] ETC付き197psの国内仕様がデビュー

ここまで逆輸入車が国内に入荷される形だったが、初の国内仕様が登場。車名は「隼(ハヤブサ)」を名乗り、ETC車載器を標準装備した。日欧では’18年型で生産終了。規制が異なる北米では、以降も販売が継続された。

'14 スズキ ハヤブサ|外観

【’14 SUZUKI HAYABUSA】 [写真タップで拡大]

'14 スズキ ハヤブサ|ETC車載器
'14 スズキ ハヤブサ|メーター

国内仕様はタンデムシート下にETC車載器を備え、メーターにETCの表示機能を持つ。最高出力は197psを維持するが、180km/hリミッターを採用。 [写真タップで拡大]

’08年に2代目に進化したハヤブサ。次記事では、『ヤングマシン』’07年12月号に掲載されたライバルZZR1400との比較試乗インプレッションを再録する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報