HDブイモンスターカスタム[ウィズハーレー]

50’sアメ車ムード漂うロードグライドウルトラ〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

ロードグライド ウルトラ

まるで50年代のアメ車のような佇まい

福島県のHDブイモンスターがカスタムしたロードグライドウルトラは、シカゴブルーに全身をリペイントし、まるで50年代のアメ車のようにボリュームがあり、堂々とした佇まい。迫力たっぷりで凄みがありながら、どことなくエレガントさもあり、ビルダーのセンスの良さが随所からうかがい知れる。多用したクロームメッキも時代感にバッチリ合っていて心憎い。

’11 FLTRU103ロードグライドウルトラ HDブイモンスターカスタム [写真タップで拡大]

3Dマシニングによる造形とデザインが美しいパフォーマンスマシンのホイールは、フロント21/リヤ18インチ。間延びしないようローダウンが施され、フロントフェンダーも合わせて交換。ポールヤフィのレイザーバックストレッチタンクで流麗なシルエットを生み出すと、シートはブイモンスター×アトリエチェリーにグレードアップ。

もちろん走りへの妥協はなく、吸排気をS&Sのエアクリーナーとバンス&ハインズの2本出しマフラーの組み合わせとし、同店が得意とするディレクトリンクEFIダイノマシンチューニングによってフィニッシュへと至る。

[写真タップで拡大]

純正LEDヘッドライトで、眼光鋭いフロントマスクを演出。フロントウィンカーはアレンネス 。

[写真タップで拡大]

迫力の大径21インチホイールやブレーキキャリパーなど、足まわりもパフォーマンスマシンでモディファイ。フォークブーツはアレンネスで、細部に至るまで死角が見当たらない。

[写真タップで拡大]

ハンドコントロール&スイッチ/グリップ/ミラーはすべてパフォーマンスマシン。ダーティバード製ホットロッドハンドルバーがラグジュアリーなスタイルを決定づける。

[写真タップで拡大]

サイドカバーへ流れるラインが美しい、ポールヤフィーのレイザーバックタンク。

[写真タップで拡大]

フットコントロールまわり一式もパフォーマンスマシン。

[写真タップで拡大]

ツアーパックはデタッチャブル化し、軽快なスタイルにすぐに変身可能とした。

[写真タップで拡大]

ディバイス製バガーKITでテールエンドを仕上げた。18インチのリヤホイールもパフォーマンスマシンが奢られる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報