カスタムトレンドニュース[ウィズハーレー]

’94XL1200Xスポーツスターフォーティエイト×ハーレー伝統”4カム”カスタム

グリーミングワークス XL1200XとS&Fのロードキングスペシャル

オリジナルパーツの装着で見える、4カム原点回帰

1920年代の”R”系に始まり、’30~’40年代の”WL”系、そして’50年代の”K”や”XL”へと歴史を紡いできた”4カム”ハーレーダビッドソンだが、ここに紹介するグリーミングワークス(大阪府)による1台は、その血脈が今も変わらずに続いていることをまさに証明するものだろう。

ベースとなったのは’14年式XL1200Xフォーティーエイトなのだが、多くの方がご存じのとおり、コレはオールド・ハーレー以来、フロントの”バルーンタイヤ”を4カムで復活させたモデルだ。

グリーミングワークス XL1200X

’94XL1200Xフォーティーエイト グリーミングワークスカスタム [写真タップで拡大]

この車両にはグリーミングワークス・オリジナルのスプリンガーフォークをはじめとするパーツ群が組み合わされているのだが、現代的なEFIが採用されたマシンにおいても、不思議とそれらクラシカルなプロダクツの装着に違和感はない。また’95年を最後に姿を消した2.5ガロンティアドロプタンクの装備にしても然りだ。

ハーレーダビッドソンといえば、現在もなおOHVという構造をキープし、市場で流通されるバイクの中ではクラシカルなマシンの代表格と呼べるのだが、電子制御で混合気がエンジンに送り込まれるようになった現在も、良い意味でその伝統の”味わい”は変わらない……その証がこの1台だと言えよう。

[写真タップで拡大]

純正EFIに組み合わされるエアクリーナーはグッズ製。ここも車体のシンプルさに貢献する。

オリジナルのスプリンガーにセットされるブレーキは純正キャリパー
[写真タップで拡大]

オリジナルのスプリンガーにセットされるブレーキは純正キャリパー。クラシカルな装備と現代的なプロダクツが同居する。

エンドがターンナウトとなったショットガンマフラー
[写真タップで拡大]

エンドがターンナウトとなったショットガンマフラーはグリーミングワークス製。ちなみにこのパーツは現在、絶版とのこと。

ハンドルはGW製エイプバー・ワイド
[写真タップで拡大]

ハンドルはGW製エイプバー・ワイドをチョイス。ここら辺りはチョッパーらしい選択だ。メーターを車体左サイドに移設するマウントキットはトランプサイクル製。

コンパクトな2.5ガロンタンク
[写真タップで拡大]

コンパクトな2.5ガロンタンクは、かつての純正を加工して使用。やはりコイツはスポーツスターに良く似合う。

シンプルなタックロールシートもGW製
[写真タップで拡大]

シンプルなタックロールシートもグリーミングワークス製。スタイルと座り心地を両立する。

LEDが内蔵されたテールはイージーライダース製
[写真タップで拡大]

LEDが内蔵されたテールはイージーライダース製。フェンダーはグリーミングワークス製ショートリブをチョイス。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報