厳選ハーレーショップガイド[ウィズハーレー]

妥協なきカスタムビルドと親切丁寧な接客を両立する、関西ハーレー店の雄〈トライジャ〉

トライジャ店舗外観

●文/写真:ウィズハーレー編集部(Makoto Watanabe) ●取材協力:トライジャ

専属ペインター/マシニスト/シート職人/CADプログラマーまでが在籍

多くの人が”カスタム屋”に抱くイメージとは一体何だろうか? あえてネガティブな部分を羅列すると”敷居が高い”やら”雰囲気がコワイ”といったものが挙げられるだろうが、ここに紹介する「トライジャ」はそのどれにもまったく該当しない存在だろう。

[写真タップで拡大]

【TRIJYA(トライジャ)】株式会社ウイオール モーターサイクル事業部 ●住所:大阪府柏原市本郷5-4-18 ●営業時間:AM10:00〜PM6:00 ●定休日:毎水曜&第1/3/5火曜

’99年にオープンして以来、常にクオリティの高いカスタムを発表し続けてきた同店であるが、もともとデザイナーだった岡本佳之代表が創業に至った理由は「カスタムバイクが好きすぎて」という至極単純明快なもので、”お客様の思いを具現化する技術の提供”が信条とのこと。

それを実現すべく、同店にはデザイナー兼接客を担当する岡本氏を中心に、通常のショップのようなメカニックはもちろん、専属のペインターやマシニスト、シート職人やCADプログラマーまでが在籍。まさに”プロの集団”となっているのだが、それもこれもすべては岡本氏が顧客時代に感じた不満の解消と”妥協なきものづくり”に対する姿勢の表れだ。

カスタム好きの”カユイところ”…そのすべてに手が届く姿勢は実に頼もしい。

[写真タップで拡大]

熟練の技術を持つメカニックの面々がご覧のファクトリーの中で極上のカスタムを生み出す同店。上にあるとおり、数々のショーでアワードを獲得した実績も確かデス。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

「カスタムが好きすぎて」というのが創業理由と語る代表の岡本佳之氏。外車のディーラーのようなネクタイ姿は丁寧な接客姿勢の表れだ。

自社生産のパーツで高いクオリティコントロールを実現

オリジナルブランドである「刻美」をはじめとするビレットパーツのクオリティにも高い定評を持つ同店。もちろん顧客のオーダー次第ではワンオフパーツの製作も可能だ。

現在、3Dスキャナーやプリンター、CADデータを駆使したパーツ製作にも力を注ぐ同店。顧客の希望するデザインを迅速に具現化する体制は既にメーカーレベルだろう。

多くのカスタムショップがペイントやシート製作を外注に頼る中、トライジャではそれらも自社で生産。こうした部分が妥協なきクオリティのマシンに繋がるのは明らかだ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

政府認証の合法マフラー・ジキル&ハイドの日本総代理店としても活動

現在、トライジャが日本総代理店として力を注ぐドイツの「ジキル&ハイド」マフラー。可変音量調節機能を持ち、日本のJMCAが認める公認マフラーだ。カスタムといえば違法性が高いという部分があることも否めないが、そうした要素を可能な限り撤廃し、”合法なカスタム作り”を行うことも同店の信念。この姿勢には頭がサガリマス。

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報