MV AGUSTA BRUTALE 800×CARAMELL MOTORS×ライドハイ

MVアグスタ・ブルターレ800レーサーに試乗! Vol.1「テイスト・オブ・ツクバで異質の存在」

●文/写真:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:クシタニ

日伊ネイキッド対決! 国産1,000cc/4気筒に、イタリアン800cc/3気筒が挑む!

筑波サーキットでもっとも盛り上がっているイベントレース。それがテイスト・オブ・ツクバ(2020年11月7-8日の大会は無観客で開催)だ。

参加車両はちょっと前&かなり前の国産4気筒がメイン。ZやCBがパドックにズラリと並び、2ストロークの匂いや音も感じられる。そして、そんな往年のバイク達が信じられないタイムで走る、そのギャップがテイスト・オブ・ツクバ(以下、TOT)の魅力だ。

TOTのトリともいえる、なんでもアリのハーキュリーズクラスは1分58秒台という驚異的なタイムを記録。全日本ロードレースの現役ライダーである加賀山 就臣選手もGSX-R1000エンジンをオリジナルの鉄フレームに搭載したカタナルックのマシンで参戦するが、それでも勝たせてもらえないレベルの高いレースが繰り広げられている。

→全文を読む|写真×10点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報