名車アグスタ350クラスの復帰を熱望!

Early ’20 MVアグスタ新型ラインナップ【350ccを3機種造る まさかの新展開】

  • 2020/1/5
MVアグスタ in EICMA2019

’20年にて創立75周年を迎えるイタリアの至宝・MVアグスタは、同年は既存モデルのSTDバージョンや、過激ファクトリーカスタムなどをラインナップ。さらに、ナゾに包まれていた新作350cc計画が見えてきた。一気に3機種を投入するのではないかというまさかの新展開だ!

EICMA会場のアクリル板展示の正体やいかに?!

MVアグスタは’19年7月、中国の大手メーカー・ロンシンと長期戦略的パートナーシップ契約を結び、350~500㏄の排気量帯でニューモデルを開発すると発表。「’21年末までにアグスタのディーラーから計4モデルが発売される」とアナウンスがなされた。それ以降は新たな動きはなかったが、EICMA2019のMVアグスタブースで計画の一端を垣間見ることができた。

……と言っても、詳細は一切明かされず、 シルエットを型取ったもので3車のアウトラインが示されたのみ。その3車とは、フルカウルスポーツ=F系、スラントしたヘッドライトを持つネイキッド=ブルターレ系、アップフェンダー+ロングサスにゼッケンプレート風の顔を与えたスクランブラー系のモデルだった。この輪郭が正確に市販車をなぞったものかは不明だが、少なくとも、この3ジャンルに新作を投入するのは間違いないだろう。

MVアグスタ in EICMA2019
次世代の350㏄レンジをアクリル板を用いて表現。フルカウル、ネイキッド、スクランブラーが示された。今回会場で明らかにされなかった残る1台は、ツーリスモベローチェ系のクロスオーバーか? なお会場で説明は一切なく、ほぼ話題になっていなかったのが残念……。

〈予想1〉ブルターレ350?!

MVアグスタ ブルターレ800

スラントした顔にアップハン、筋肉質なタンクとショートテールのアクリル板展示シルエットは、ブルターレと瓜二つだ(写真はブルターレ800)

〈予想2〉F2 350?!

MVアグスタ F3 675

フルカウルで垂れ角のあるハンドルを装備。F4やF3と同様、尖ったノーズとダクト風の形状が見て取れる(写真はF3 675)

〈予想3〉350スクランブラー?!

MVアグスタ 350スクランブラー

ロングサスに高いハンドルなど、イマ風スクランブラーのフォルム。往年の350版をトリビュート?(写真は’74 350スクランブラー)

排気量に関しては「350㏄」と会場で発表されたが、気筒数などの詳細はこれまた不明だ。『ヤングマシン』本誌が予想するのは2つ。まず可能性が高いのは、ロンシンのスポーツモデル=GP300などに搭載される水冷292.4cc単気筒のスープアップ版だ。馬力は28.6㎰なので、排気量アップなどで30㎰台中盤まで上げてほしいところ。

理想としては完全新設計だが、そこまでコストを割く可能性は低そう。夢があるのは、現行F3などが積む675cc3気筒の活用だ。このボア&ストロークをダウンして、排気量を半分程度にするというもの。675ccの内径79×行程45.9mmに対し、ボアのみ56mmまで下げれば339.1ccとなり、コストを抑えつつスモール3気筒が実現できる……と妄想が膨らむ。

WGP常勝オマージュの3気筒スモールを熱望!

MVアグスタは、’60年代のWGP350ccクラスに世界初の4スト3気筒マシンを投入し勝ち続けた。そのイメージを重ねた現代のモデルにロマンを感じる者は多いハズ。いずれにせよコストで競争するのではなく、アグスタらしいアツいモデルを本誌は熱望する!

MVアグスタ 350S

【’74 MV AGUSTA 350S】アグスタの350は、WGPに加え、市販車でも一世を風靡。’70年代に4ストOHVパラツインの350㏄マシンを続々とリリースした。

ブルターレ1000RR:STD仕様も絶倫208ps堅持&車重キープ

2019年、限定300台で登場したシリーズ最高峰のブルターレ1000セリエオロ(国内価格605万円)。これをベースとするSTD仕様が追加された。シンボルであるラジエターのウイングレットを踏襲しつつ、ホイールをカーボン→アルミ製に変更するなどコストを抑制。一方で馬力や車重はセリエオロと同一としている。

MVアグスタ ブルターレ1000RR

【’20 MV AGUSTA BRUTALE 1000 RR】■水冷並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 208ps/13000rpm 11.9kg-m/11000rpm ■重量186kg(乾) 6速 ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17

MVアグスタ ブルターレ1000RR
20 MV AGUSTA BRUTALE 1000 RR
MVアグスタ ブルターレ1000RR

TFT液晶メーターをはじめ、IMU、シフター、電制オーリンズなどはセリエオロ譲り。STDと言えど十分過ぎるほど豪華だ。

MVアグスタ ブルターレ1000 セリエオロ
MV AGUSTA BRUTALE 1000 Serie Oro(世界限定300台)

スーパーベローチェ800:STDとしてシンプル化しても流麗フォルムは不変

’19年にデビューし、ネオレトロSSという新ジャンルを構築したスーパーベローチェ。世界限定300台が完売する人気ぶりを示した。新投入するSTDグレードは、華麗なスタイルはそのままに、往年のWGPマシンを模した2+1本出しメガホンマフラーを右3本出しに変更。最高出力は152→148hpとした。

MVアグスタ スーパーベローチェ800

【’20 MV AGUSTA SUPERVEROCE 800】 ■水冷並列4気筒DOHC4バルブ 798cc 148ps/13000rpm 8.97kg-m/10600rpm ■重量173kg(乾) 6速 ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17

MVアグスタ スーパーベローチェ800
’20 MV AGUSTA SUPERVEROCE 800
MVアグスタ スーパーベローチェ800

カラー液晶や4種類の走行モードは同様。カウルの材質やホイールを変更し、タンク上の革ストラップなどを廃止した。

MVアグスタ スーパーベローチェ800セリエオロ
MV AGUSTA SUPERVEROCE 800 Serie Oro (世界限定300台)

過激ファクトリーカスタムも見参

ラッシュ1000:ホイールカバーが強烈なブルターレ改

ブルターレ1000RRをベースにした謹製カスタム。ハイライトは、リヤに装着されたカーボン製ホイールカバーだ。空力特性を向上するのに加え、強烈なルックスまで両立する。コーナリングランプを備えた丸眼LEDヘッドライトも特徴だ。

ラッシュ1000
RUSH 1000
ラッシュ1000
RUSH 1000

BLACKOUT2.0:Vスペシャルのドラッグスター改は勢い余って前方排気!

イタリアのパーツメーカー・バルターによるカスタムブランドがVスペシャルだ。アグスタのドラッグスター改「ブラックアウト2.0」では、驚異の前方排気マフラーを装着。アンチプレッシャーシステムなる機構で常識を覆す!

ブラックアウト2.0
BLACKOUT 2.0 by V SPECIAL
ブラックアウト2.0
BLACKOUT 2.0 by V SPECIAL

このバイクに関連する記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。