日本仕様は今夏が濃厚

ホンダ新型「モンキー125」見参!! グロム系5速&ロングストロークエンジン搭載か【海外】

ホンダ モンキー125 タイ仕様

ホンダは、タイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」のオンラインライブで、2021年モデルの新型モンキー125を発表した。ブラックアウトしたフレームやキャストホイール、メカニカルな印象のカラーリングをまとい、5速ミッションの新エンジンを引っ提げての登場だ!

詳細は未発表、しかし新型エンジンは間違いなくグロム系……!

ホンダはタイの趣味系バイクディーラーの「カブハウス」によるオンラインライブイベントで、2021年モデルとなる新型「モンキー125」を発表した。

なんといっても目玉となるのは、「5速ミッションのニューエンジンを搭載」と謳っていることだ。詳細についてはほぼ未発表だが、“従来よりもさらにエキサイティング”な新型125ccエンジンの存在は明言。そのエンジンの外観は日本でも正式発表されたばかりのグロムのものと瓜二つなのである。

ホンダ グロムSP

こちらは北米のみのカラーリングとなるグロムSPだが、カラーリングの新鮮さに目を奪われず、エンジンの形をよく見ておいてほしい。 [写真タップで拡大]

ロングストローク化とともにトルクアップ&出力向上を果たし、さらに厳しい排出ガス規制にも対応したグロム系エンジンは、同じくタイで昨秋発表された新型スーパーカブ110と同じストロークのボア違い。つまり、ホンダの横型エンジンは今後、ベースを共有しながらボア径の違いやミッションの作り分けなどによって、異なる仕様のエンジンが各モデルにフィットしていくと見て間違いなさそうだ。

タイ発表のカラーリングは3色あり、現行モデルとは上下反転させたような配色でホワイトの代わりにシルバーを用い、可愛らしい現行に対してメカニカルな印象をアピール。併せてフレームやホイールもブラックアウトされ、精悍なボディデザインとなった。

詳細についてはタイホンダ公式サイトのアップデートを待たねばならないが、これは楽しみな1台が登場したといえる。日本における2021年モデルも同様の変更は見込まれるが、発表時期は夏頃になりそうとの情報だ。続報が入り次第お届けしたい!

ホンダ モンキー125 タイ仕様

オールニューと高らかに謳われる新型モンキー125。ライディングの楽しみだけじゃない! とも。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

ブラックとイエローもあり、合わせて全3色のカラーバリエーションに。 [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]

スペックや価格は未発表。写真はすべてタイ仕様だ。

ホンダ モンキー125 タイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×黄 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×赤 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]銀×黒 [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 Thailand model]ディテール

ホンダ モンキー125 タイ仕様

フルLEDの灯火類やフェンダー、ホーン位置、サスペンションなどは現行モデルと見分けがつかず。エンジンのリニューアルが最大のトピックと見て間違いない。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

Monkeyのロゴ入りサイドカバーや、その後ろに見えるヘルメットホルダーなども現行を踏襲しているように見える。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

燃料タンクの塗り分けパターンは現行モデルから上下反転。ホワイトに代わりシルバーが上面に配置されるように。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

左側から見るとエンジンが新型になっているかどうかは分かりにくい。スイングアームまわりやサスペンションにも大きな形状変更はなさそうだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 タイ仕様

クラッチカバーにおけるオイル給油口が前後逆の配置になっているのが新型エンジンの目印。点検窓は塞がれているが、車種によって作り分けられるのだろうか。 [写真タップで拡大]

モンキー125/ABS【国内2020年モデル】

【HONDA MONKEY 125/ABS】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.1kg-m/5250rpm ■107kg(装備) シート高775mm 5.6L ■タイヤF=120/80-12 R=130/80-12 ●価格:40万7000円 ※’21年3月時点の国内仕様 ※諸元はABS ※写真はパールネビュラレッド [写真タップで拡大]

“遊び心”で右に出るモノがない「モンキー」。50年に渡って生産された50ccモデルは惜しまれながら’17年に生産終了したが、グロムをベースに125ccで’18年に復活! Z50Z系の台形燃料タンク/タックロールシート/倒立フォーク/2本サスペンションなど、”モンキーらしさ”を満載。

カラーバリエーションは赤/黄/青/黒の4色。燃料タンクやサイドカバーだけでなく、フレーム/スイングアーム/アウターチューブ/スプリングまで同色だ!

ホンダ モンキー125
ホンダ モンキー125

[左]バナナイエロー/[右]パールグリッターリングブルー [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125
[写真タップで拡大]

パールシャイニングブラック


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報