SFF-BP倒立フォークをクラス初採用

ホンダ新型「CB125R」登場!DOHCエンジン/ZX-25Rより太い倒立フォーク採用で1万6500円増

ホンダは、新型DOHC4バルブヘッドになった水冷4ストローク単気筒を搭載する新型「CB125R」を4月22日に発売すると発表した。同時に倒立フロントフォークにはSFF-BPをクラス採用。ニューカラー×2色を設定した全3色をラインナップする。

●車両別アーカイブ:ホンダ CB125R

13ps/9000rpm→15ps/10000rpmにパワーアップ

ホンダは、2018年に発売されたCBシリーズのエントリーモデル「CB125R」を早くもモデルチェンジ。DOHC4バルブの新エンジンを搭載することで2psアップの15ps/10000rpmとし、さらに新型フロントフォークにグレードアップしながら、価格は1万6500円アップにとどめている。

メジャーな変更は2箇所。まずひとつめは、単気筒エンジンを吸排気効率に優れ、高回転化を可能とするDOHCヘッドの新型エンジンとしたことだ。SOHC2バルブだった従来型からDOHC4バルブへと進化したことで、2psのパワーアップと0.2kg-mのトルクアップを果たした。欧州仕様ではユーロ5に完全適合し、最高速度は101km/hから105km/hに向上、0-200m加速は11.3秒という数値も公表されている。

DOHC4バルブとなった新型エンジン。 [写真タップで拡大]

これを実現するための手法は、エンジンのヘッドがDOHCになっただけではない。もちろんSOHC2バルブからDOHC4バルブへの進化は著しいだろうが、注目したいのは58×47.2mmだったボアストロークが57.3×48.4mmへとロングストローク化されたこと。このところユーロ5への適合を謳ったモデルは排気量増大なども含め、ややロングストローク傾向へと振るのがトレンドになっているようだ。

この結果、新型CB125RのWMTCモード燃費は46.8km/Lとなり、10Lの燃料タンク容量と掛け合わせると航続距離は468kmに。いつ給油したのかを忘れそうなレベルである。

ライディングポジションと足着きはご覧の通り。ライダーは身長172cm/体重75kg。 [写真タップで拡大]

φ41mm倒立フロントフォークは、ニンジャZX-25Rも採用するSFF-BPに進化!

フレームは現行型を踏襲しているが、これに組み合わせる足まわりは進化を遂げた。φ41mm倒立フォークが、SHOWA製SFF-BP(Separate Function Big Piston)にアップグレードされたのだ。このSFF-BPはカワサキのNinja ZX-25RがZX-6R並みの装備としてクラス初採用(φ37mm)したが、その上をいくサイズ。125ccクラスとは思えない装備である。

φ41mmのSFF-BP 倒立フロントフォークを採用。 [写真タップで拡大]

これに組み合わされるリヤサスペンションは、安定した減衰力を発生する分離加圧式。高張力鋼板性スイングアームと合わせて、乗り心地と軽快感あるハンドリングを両立している。

ブレーキシステムは従来と同じφ296mmディスク+ニッシン製ラジアルマウントキャリパーのフロントと、φ220mmディスク+1ポットキャリパーを組み合わせる。IMU搭載による前後2チャンネルABSというクラスを超えた装備も継承した。前後タイヤは従来と同様に前110/70R17/後150/60R17のラジアルタイヤを履く。

灯火類はフルLEDで、メーターはLCD。“ネオスポーツカフェ”のデザインは基本的に従来を踏襲している。リヤフェンダーのマウントは樹脂からスチール製になったようだ。

カラーバリエーションは、精悍で落ち着きのある「マットガンパウダーブラックメタリック」、力強い印象の「パールスモーキーグレー」を新たに採用し、鮮やかな「キャンディクロモスフィアレッド」を継続採用した全3色のラインナップに。各カラーのフロントフェンダーは燃料タンクと同色とされるほか、倒立フォークのアウターチューブや前後ホイールはブラウン系とした。

また、純正アクセサリーにはスポーツタイプのグリップヒーターを新たにラインナップしている。

HONDA CB125R[2021 model]

【HONDA CB125R[2021 model]】主要諸元■全長2040 全幅820 全高1055 軸距1345 シート高815(各mm) 車重130kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.2kg-m/8000rpm 変速機6段 燃料タンク容量10L■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:47万3000円 ●色:黒、灰、赤 ●発売日:2021年4月22日

HONDA CB125R[2021 model]マットガンパウダーブラックメタリック [写真タップで拡大]

HONDA CB125R[2021 model]マットガンパウダーブラックメタリック [写真タップで拡大]

HONDA CB125R[2021 model]パールスモーキーグレー [写真タップで拡大]

HONDA CB125R[2021 model]キャンディクロモスフィアレッド [写真タップで拡大]

HONDA CB125R[2021 model]ディテール

反転表示の液晶メーターを装備。IMU付きABSは従来モデルから引き続き装備する。 [写真タップで拡大]

フレームに隠れて見えにくいが、DOHC4バルブのヘッドを獲得した新型の単気筒エンジンを搭載。 [写真タップで拡大]

Y字5本スポークホイールに装着するのはダンロップ製ラジアルタイヤ・スポーツマックスGPR300だ。 [写真タップで拡大]

ニッシン製ラジアルマウントキャリパーにSFF-BP倒立フォークを装備。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

LEDヘッドライトにゴールドアウターチューブの倒立フォークなど、クラスを超えたクオリティを誇る。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

●車両別アーカイブ:ホンダ CB125R

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報