差込角1/4″=シブイチの世界[モトメカニック]

絶版車の電気系メンテを軽量コンパクトな”シブイチ”6.3sq.ラチェット&ソケットで〈ネプロス〉

KTC nepros 絶版車の電気系メンテをシブイチで!

安全で快適、環境対策をしながら燃費性能も追求するために、さまざまな電子機器を搭載した現行車。それに対して、必要最小限のメカニズムで動くのが旧車や絶版車の魅力。部品点数が少ない分だけ整備性は悪くないが、最新鋭のコンパクトな工具を用いることで作業効率は大幅に向上する。

基本作業ですら容易ではない現代のバイクにはシブイチ

スパークプラグ交換やガソリンタンクの着脱など、メンテナンスの入り口とされた基本作業ですら容易ではないのが現代のバイク。

かつてプラグを頻繁に着脱したのは、始動に手こずってかぶらせることが多かったから、いつでも一発始動が当たり前のフューエルインジェクション世代にとって、そもそもガソリンで濡れたプラグを外す必要がないという現実はある。

’70年代に製造されたバイクは、機種を問わず部品の配置に余裕があって手入れがしやすい。始動装置/燃料装置/点火装置といった要素に変わりはないが、電子デバイスで密な現代車に比べてスカスカで、ドライバーとスパナで大抵の作業は何とかなる。

そもそも当時のソケット工具の差込角は12.7sq.が主流で、自動車整備向けに9.5sq.が普及し始めた頃。バイク整備には持て余す存在だった。

しかしそれから半世紀を経た我々の手には「シブイチ」がある。小さなヘッドに90枚ギアを収めたネプロス6.3sq.ラチェットハンドルは、かつてのスパナ並みのサイズ感で扱うことができる。もちろんボルトナットを回すスピードは比べものにならないほど快適でスピーディーだ。

所有して乗るだけでなく、日頃からメンテナンスを実践することでいじる楽しさを実感できるのがバイクの重要な魅力。長い歴史を刻んできた絶版車でこれからもバイクいじりを楽しみたいなら、使い勝手の良いシブイチ工具を積極的に活用したい。

力が入りにくい場所でこそコンパクトなシブイチが本領を発揮

ネプロスの6.3sq.シリーズは、小判形ヘッドとして世界最高クラスの90枚ギアを採用したラチェットハンドル「NBR290」を筆頭に、ドライバ型やスライドヘッドなどの駆動工具も徹底したこだわりで設計されている。ソケットやビットを指先で回せるクイックスピンナなど、6.3sq.ならではの使い勝手の良さを実感できるだろう。

【ネプロス 6.3sq.シリーズ】[写真下から]●ラチェットハンドルNBR290:税抜標準小売価格9000円 ●スライドヘッドハンドルNBHM2:3190円 ●クイックスピンナNBE28:2050円 ●ドライバ型ハンドルNBD12:4150円 [写真タップで拡大]

六角部5mmのビット長を比較すると、スタッビ4.5mm/スタンダード23mm/ロング63mmと明確な違いのあるヘキサゴンビットソケット。ねじれにくいスタッビタイプ、エクステンションバーを使わなくても深いボルトに届きやすいロングタイプには、スタンダードとは明確に異なる特長がある。

【ネプロス 6.3sq.シリーズ】[写真下から]●ロングヘキサゴンビットソケットNBT2-05L:税別標準小売価格2390円 ●ヘキサゴンビットソケットNBT2-05:2390円 ●スタッビヘキサゴンビットソケットNBT2-05SS:2390円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

キャブレターとシリンダーヘッドをつなぐインテークマニホールドの固定をプラスビスからキャップボルトに変更することで、締め付け時の作業性をアップ。L字形レンチは掛け替えが手間だが、ソケットレンチなら快適に作業できる。ネプロスはヘキサゴンビット長のバリエーションが豊富で、作業内容に応じた選択ができる。

セルモーターの着脱に役立つユニバーサルジョイント

首振りのために必要な2本の回転軸を同軸上で直交させるグランドクロス機構を採用したユニバーサルジョイントは、約60度の最大振り角でもスムーズに回転し、ハンドルから加えた力が逃げない伝達性の高さが魅力。

【ネプロス 6.3sq.シリーズ】[右]●ユニバーサルジョイントNBJ2:税抜標準小売価格4280円 [左]●エクステンションバーNBE2-025:1310円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

セルモーターとキックペダルが併用されるカワサキZ1/Z2 シリーズ。コンミュテーターと接するカーボンブラシは摩耗するため交換が必要で、その際はシリンダー背面のカバーを外してモーター本体にアクセスする。カムチェーンテンショナーが近いが、ユニバーサルジョイントを使えば余裕で避けられる。

外観を見れば分かるとおり、8mmのソケット外径が11mm、10mmソケットの外径は13.4mmと、ネプロスソケットの外径は多くのめがねレンチよりも圧倒的にスリムで狭い場所での作業で重宝する。肉厚の薄さを追求しながらボルトナットとの接触を面接触としたパワーフィットによって、締め/緩め作業の確実性を向上させている。

【ネプロス 6.3sq.シリーズ】ソケット(六角)NB2-08/NB2-10/NB2-12:税抜標準小売価格1010~1110円 [写真タップで拡大]

ボディ前後をつなぐプラスビスを外して後部カバーを開くと、カーボンブラシとコンミュテーターを確認できる。中心のシャフトにクリアランス調整用の薄いシムが入っている場合があるので、慎重にカバーを外してシムの有無を確認しよう。直近の分解洗浄後は1000km程度しか走行していないが、削れたカーボンブラシが確認できた。 [写真タップで拡大]

スターターモーターは本体後部のボルト2本でクランクケースに固定されている。ボディが円筒形なので、スパナやめがねレンチよりラチェットレンチの方がボルトの着脱が容易。90枚ギアの強みで、ハンドル振り角が狭くても確実にボルトを回すことができる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報