美しいバイクはホイール仕上げから[モトメカニック]

古いスポークホイールを完全自作で復活させる術【ダチ製ステンレスブランクスポークで再生】

古いスポークホイールを完全自作で復活させる術【ダチ製ステンレスブランクスポークで再生】

●文/写真:モトメカニック編集部 ●取材協力:ダートフリーク フェイス

古いスポークホイールを自分好みに作り替えるにあたって、もっとも重要なのはスポークの張り込み工程。だが張替え用スポークのチョイスには迷うところ。ここではダチ製のブランクスポークを曲げて、完全自作ホイールに挑戦する。

自信を持って勧められるダチ製ステンレススポーク

廃盤のスポークでも需要が多いものは独自に製作しているスポークホイール専門店・フェイス。特にダチ製のステンレススポークは使用する機会が多く、この商品の登場に助けられた場面もあったそうだ。

「昔と違って今のステンレススポークは、硬すぎず靱性があって、まず折れることがありませんからね」とフェイス鈴木氏。ダチ製スポークは自信を持ってお客さんにお勧めできる商品だそうだ。

今回は、スポーク購入前に寸法測定方法を教わった。一番大切なことは、リムの孔数や向きとハブ側の孔数とスポーク孔PCDが一致していること。36孔ハブに40孔リムは組めないし、同じ孔数でも、ドラム用リムとディスク用リムでは、ディンプル孔の角度が異なり、思い通りに組み立てられない。

たとえば、無理な組み込みではスポークが”弓張り”になってしまう。ここでは、マッチングの確認とスポーク寸法を測定し、スポークオーダーから仮曲げの様子をご覧いただこう。

マッチングの確認とスポーク寸法測定

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク

リムの中心にハブをセットするイメージで仮置きし、ハブの外周とリムの内側を同じ寸法になるように確認する。その状態をキープして、スポークの長さを実測し決定する。 [写真タップで拡大]

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク

ダチ製ブランクスポークの長さを決定するには、スポークを引っ掛けるハブフランジ部分の厚さと、リムのニップル穴とハブ穴間の寸法の”和”だ。4MM+174MM=178MMだが…… [写真タップで拡大]

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク

ここでフェイス鈴木氏からひとこと。この寸法測定はおおよそと考え、内掛けは距離が近くなるので-2MM。外掛けは大回りで距離が遠くなるため、+2MMにすると良いそうだ。 [写真タップで拡大]

使用した工具はこちら

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

ダチのブランクスポークを曲げるためのDRC製専用スポークベンダー。こんな商品を作るダートフリークのマニアックさはハンパじゃない。もちろん純正スポークの流用で曲げ込みを増したいときなどでも利用できる。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク

こちらもDRCのUNITブランドから発売されているニップルレンチ。様々なサイズがあり、それぞれ単品で購入することができる。フェイス鈴木氏によれば、先端形状の改造で使いやすさが高まるそうだ。 [写真タップで拡大]

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク

ニップルサイズに合せてワッシャーもラインナップされているため、曲げで組み込んだスポーク先端が僅かに飛び出すような際には、ニップルワッシャーを組み込むことで寸法調整が可能になる。 [写真タップで拡大]

スポークの仮曲げ

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

実測でスポーク長は178mmだったので、内掛176mm、外掛180mmのブランクスポークを2袋ずつ(各20本)購入。つまり内外それぞれ4本余る。それをテスト用に。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

スポークの太さに合わせてペンダーのガイド部分をそれぞれ調整する。まずは太さを合せて固定し、次に首先の曲げ寸法に合せてスポークのセット位置を決める。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

スポークの位置が決定したら、先端の突き当て部分がきっちり当たるようにコの字ストッパーを固定する。フェイス鈴木氏は、この固定ストッパーにバイスグリップを利用。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

内掛けと外掛けそれぞれ最初の1本を曲げたら、ハプ孔に通してスポーク先端がハブの中央を向くか確認する。引っ掛け部分のクギ頭が飛び出し過ぎても、カッコ良くない。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

最初に曲げた外掛けスポークは曲げ角度が浅かったので、スライド部分のストッパーをフリーにしてから曲げ直し。正しい曲げになったスポークに習ってストッパー調整。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク
[写真タップで拡大]

フェイス鈴木氏によれば、36本スポークなら、内掛けと外掛けそれぞれ3本ずつ曲げれば、リムのセンターにハブを落ち着かせることができるそうだ。片側6本で曲げ確認中。

スポークホイール完全自作再生術|ダチ製ステンレスブランクスポーク

ハブから120度振り分けで内外各3本ずつ曲げて組み、これでイメージがつかめる。この際、リム下に何かを挟んでオフセットゼロにすることで、より一層リニアなイメージが可能に。ここでは木っ端を利用した。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報