バイクにもドラレコを![モトメカニック]

前後2カメラ搭載・デイトナ新型ドライブレコーダー×2機種【”いざ”という時は論より動画】

前後2カメラ搭載・デイトナ新型ドライブレコーダー

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●取材協力:デイトナ

自動車用はもちろん、バイクでもユーザーが増えてきたドライブレコーダー。注目の市場に登場したデイトナの新製品「MiVue M760D/M777D」は、並み居るライバルに負けない高スペックとリーズナブルな価格が大きな魅力。ドラレコ未装備のライダーは、そろそろ導入を考えてみては?

搭載自由度の高いコンパクトなM760D/バッテリー内蔵で単独撮影可能なM770D

デイトナから発売された新型ドライブレコーダーは、前後2カメラ+GPS搭載モデル「MiVue M760D」と、2カメラレコーダーとしても1台単独でアクションカメラとしても使える「MiVue M777D」の2機種。

MiVue M760Dは前後カメラと別にシート下などに本体を設置するタイプだが、一辺60mm×厚み22mmとコンパクトで、設置場所の自由度が高いのが大きな強み。もっとも重要な画像品質についても、高機能ドライブレコーダーが採用するソニー製CMOSセンサーを装備。GPSを搭載しており、画像とともに場所や時間も記録できる。

一方のMiVue M777Dは、GPS未搭載ではあるものの、円筒形のカメラ本体にバッテリーや画像処理/記録に必要な基盤が組み込まれており、単体でも使用できる。バイクに付けられるのはもちろん、ヘルメットに取り付けてアクションカムのようにも使えたりする。

設定や画像確認はスマホにインストールした専用アプリを通じて行うが、アプリの使い勝手がとても良く、本体との通信をWi-Fiで行うため録画された画像もその場でできる。

この手の製品は後から出た方が優れているのは世の常だが、数種類のバイク用ドラレコを触れた経験からすると、実際に装着して画像を確認したMiVueの実力はかなり優秀だと感じた。

MiVue M760D:リモコンスイッチで任意録画でき、GPSが走行軌跡を記録

このドラレコは台湾Mio社製で、同社のバイク用ドラレコはデイトナが日本総代理店を務める。日本のLED信号でチラつきが起きないよう、録画時のフレームレートが29.1fpsに設定されている。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー

【デイトナ MiVue M760D GPSドライブレコーダー】●標準税抜価格:2万9800円 [写真タップで拡大]

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

フロントカメラとリモコンスイッチの配線は、目立たないようにガソリンタンクの下を這わせてシート下に引き出す。突っ張ったり押し潰さないように注意する。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

付属のマイクロSDは32GBで約1時間30分記録でき、いっぱいになると上書きされるが、転倒や事故などで衝撃を感知すると、画像がロックされる。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

本体の設置場所に応じて、前方からの配線とリアカメラ、電源の配線をまとめる。カメラ配線のねじ込み式コネクターは、プライヤーなどではなく手でねじ込む。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

一辺60mmはETCカード(クレジットカード)の短辺よりわずかに大きいぐらいで、搭載場所の制約は少ない。シート下に設置する際はシートの干渉を確認する。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

電源ケーブルは常時プラス、キーオンで通電するアクセサリー、アースの3本。バッテリーターミナルにつなぐ2本は長さを合わせて手持ちの丸端子をかしめて接続。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

手動で録画設定などができるリモコンスイッチにはGPSアンテナとマイクが内蔵されている。位置情報を確実に取得するため、電波を遮らない位置に取り付ける。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー

専用アプリ「MiVue Pro」をスマートフォンにダウンロードすることで、主要な操作がスマホから行えるようになる。MiVueM760D/M777Dとスマホが接続されると、カメラのSDカード内の映像がスマホで確認、ダウンロード可能になる。 [写真タップで拡大]

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

前後のカメラには上下左右があるので、取り付け後はスマホで画像を確認しながら角度や画角を調整する。対角視野角130°、水平視野角は105°で対向車線から歩道まで鮮明に映る。

デイトナMiVue M760D GPSドライブレコーダー

[写真タップで拡大]

MiVueM777D:アクションカムとしても使えるWi-Fi搭載ドライブレコーダー

単2乾電池を2個繋いだ程度の本体は、バッテリー内蔵で単独撮影が可能。台湾本国ではオプションとなるリアカメラも、国内デイトナ仕様では標準装備。リアカメラで撮影した画像は、付属の2in1電源ケーブルを通じて本体のSDカードに記録される。フレームレートは55fps。

デイトナMiVue M777D GPSドライブレコーダー

【デイトナ MiVue M777D】●標準税抜価格:2万5800円 [写真タップで拡大]

デイトナMiVue M777D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

SDカードを挿入。キャップを閉じれば防水仕様となる。

デイトナMiVue M777D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

本体内蔵バッテリーは付属のUSB ケーブルで充電する。

デイトナMiVue M777D GPSドライブレコーダー
[写真タップで拡大]

前後カメラを2in1電源ケーブルでつなぎ、12V電源ケーブルをアクセサリー回路に接続すれば、走行時に本体バッテリーが充電され連続使用が可能になる。

デイトナMiVue M777D GPSドライブレコーダー

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報