900cc/1200ccの7車ラインナップ

メグロ迎撃?! 軽量化&装備充実のトライアンフ 2021新型「ボンネビル」シリーズ登場

トライアンフは、ネオクラシックでもっとも成功した「ボンネビル」シリーズのユーロ5適合にともない全車をアップデート。軽量化や新設計サスペンション、高出力化したエンジンの採用など、シリーズ7車それぞれに合わせた細やかな変更を施し、2021年4月に発売する。

往年のブリティッシュスーパーバイク、1959年誕生の初代ボンネビルT120が始祖

トライアンフは、2021年型「ボンネビル」シリーズを発表した。エンジンのユーロ5適合にともなうアップデートだが、限定版を含むシリーズ7車それぞれに軽量化や足まわりのグレードアップ、エンジン出力向上、快適装備の追加といった細やかな変更を加えている。

これらのネオクラシックシリーズの始祖と呼べるのは、1959年に誕生した初代ボンネビルT120だ。当時の常識を打ち破るパフォーマンスと、多くのフォロワーを生んだデザインでバイク界を席巻した“ボンネビル”の名は、スピードの聖地であるアメリカのボンネビル・ソルトフラッツにて、1956年にトライアンフのストリームライナー「テキサスシーガー」がバイクの地上最速記録を更新したことに由来したもの。

Triumph Bonneville T120 1959

Triumph Bonneville T120[1959]中央が初代ボンネビルT120、その周囲を2021年ボンネビルシリーズが囲む。 [写真タップで拡大]

直立したツインシリンダーとツインキャブレターを組み合わせたパフォーマンスと、大幅に向上したハンドリング、さらに英国流デザインに1950年代のアメリカンテイストを融合したことで、世界的な大ヒット作となった同車は、1960年代にカフェレーサーやカスタムロードスター、クルーザー、スクランブラーといったカスタム文化を生み出し、それは現在のボンネビルシリーズをはじめとするネオクラシック文化に脈々と受け継がれている。

“ボンネビル”が2001年にトライアンフのラインナップに復活して以来、シリーズは絶えず進化を遂げてきた。そして2021年、発表された新型ボンネビルシリーズは、トライアンフが誇るクラストップのハンドリング、上質なフィニッシュ、スリリングなパフォーマンスの全てがワンランクアップしているという。

折しも、英国車の影響を受けて誕生したと言われる『並列2気筒・大排気量メグロ』が、カワサキW800をベースとしたメグロK3によってブランド復活を遂げた2021年。まるで呼応するかのようにアップデートされたボンネビルシリーズに、高まるネオクラシック熱を感じずにはいられない。

Triumph Bonneville T120[1959]
Triumph Bonneville T120[1959]

Triumph Bonneville T120[1959] [写真タップで拡大]

ボンネビル T120 & T120ブラック[2021年モデル]

1200ccの高トルク型ツインエンジンをアップデートし、ユーロ5に適合するとともにレスポンスを向上。車体は7kgの軽量化のために新設計の軽量アルミホイールリムや新設計でハイスペックなブレンボ製ブレーキとツインディスクなどを採用。より俊敏でニュートラルな乗り味とした。また、クルーズコントロールを標準装備に追加したほか、「ロード」と「レイン」のライディングモードを強化している。

ボンネビルT120 & T120ブラック[2021年モデル]

ボンネビルT120 & T120ブラック[2021年モデル]価格&発売時期 [写真タップで拡大]

主要諸元■全長2170 全幅785 全高1125 軸距1450 シート高790(各mm) 車重237kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 80ps/6550rpm 10.7kg-m/3500rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17

ボンネビルT120 [2021年モデル]

ボンネビル T120[2021年モデル]コルドヴァンレッド×シルバーアイス [写真タップで拡大]

ボンネビル T120[2021年モデル]
ボンネビル T120[2021年モデル]

ボンネビル T120[2021年モデル] [写真タップで拡大]

ボンネビル T120 ブラック[2021年モデル]

ボンネビル T120 ブラック[2021年モデル]マットジェットブラック×マットグラファイト [写真タップで拡大]

ボンネビル T100[2021年モデル]

900cc高トルク型ツインエンジンをアップデートし、ユーロ5適合とともにレスポンス向上、レブリミット500rpm上昇、そして10ps向上の65ps/7400rpmに。車体は4kgの軽量化を受け、新設計カートリッジフォークとハイスペックなブレンボ製フロントブレーキを採用した。メーターパネルも新設計だ。

ボンネビル T100[2021年モデル]

ボンネビル T100[2021年モデル]価格&発売時期 [写真タップで拡大]

主要諸元■全長2170 全幅785 全高1125 軸距1450 シート高790(各mm) 車重229kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 900cc 65ps/7400rpm 8.2kg-m/3750rpm 変速機5段 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17

ボンネビル T100[2021年モデル]

ボンネビル T100[2021年モデル]ルーサンブルー×フュージョンホワイト [写真タップで拡大]

ボンネビル T100[2021年モデル]
ボンネビル T100[2021年モデル]

ボンネビル T100[2021年モデル] [写真タップで拡大]

ストリートツイン/ゴールドライン[2021年モデル]

900cc高トルク型ツインエンジンをアップデートし、ユーロ5適合。こちらは元々65psとなっていたため最高出力はそのままだ。ベンチシートはクッションが厚くなり、新設計のキャストホイールとマシニング仕上げのスポーク、新設計のボディパーツ、ディテールにブラッシュドアルミニウムを採用した。低めのシート工765mや2種類のラインディングモード、ABS、切替式トラクションコントロールなどがライダーに自信をもたらす。

バリエーションモデルのストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディションは、証明書付きの1000台限定車。トライアンフが誇る高度な職人技で塗装され、マットサファイアブラックに映える手描きのゴールドラインが施される。性能については新型ストリートツインを全て踏襲。

ストリートツイン/ゴールドライン[2021年モデル]

ストリートツイン/ゴールドライン[2021年モデル]価格&発売時期 [写真タップで拡大]

主要諸元■全長2090 全幅785 全高1115 軸距1450 シート高765(各mm) 車重217kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 900cc 65ps/7500rpm 8.2kg-m/3800rpm 変速機5段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17

ストリートツイン/ゴールドライン[2021年モデル]

ストリートツイン[2021年モデル]コバルトブルー [写真タップで拡大]

ストリートツイン ゴールドライン[2021年モデル]

ストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディション[2021年モデル]マットサファイアブラック [写真タップで拡大]

ボンネビル スピードマスター[2021年モデル]

1200ccの高トルク型ツインエンジンをアップデートし、ユーロ5適合。よりハイスペックになったSHOWA製φ47mmカートリッジフォークを採用したほか、ライダーとパッセンジャーの快適性を向上。新設計メーターパネルも採用した。アクセサリーを79種類も用意しているのも特徴だ。

ボンネビル スピードマスター[2021年モデル]

ボンネビル スピードマスター[2021年モデル]価格&発売時期 [写真タップで拡大]

主要諸元■全長2195 全幅910 全高1040 軸距1510 シート高705(各mm) 車重264kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 78ps/6100rpm 10.8kg-m/4000rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=MT90B16 R=150/80R16

ボンネビル スピードマスター[2021年モデル]

ボンネビル スピードマスター[2021年モデル]サファイアブラック×フュージョンホワイト [写真タップで拡大]

ボンネビル ボバー[2021年モデル]

1200ccの高トルク型ツインエンジンをアップデートし、ユーロ5適合。慣性力を低減することでレスポンスも向上した。燃料タンクは新設計で大型化し、12Lに。よりハイスペックになったブレンボ製ブレーキとSHOWA製ごーく、幅広16インチの新設計フロントホイールを採用した。新設計のエンジンカバー、カムカバー、スプロケットカバーをブラックパウダーコートし、新設計メーターも採用。アクセサリーは77種類だ。

ボンネビル ボバー[2021年モデル]

ボンネビル ボバー[2021年モデル]価格&発売時期 [写真タップで拡大]

主要諸元■全長2235 全幅800 全高1025 軸距1510 シート高690~700(各mm) 車重252kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 78ps/6100rpm 10.8kg-m/4000rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=MT90B16 R=150/80R16

ボンネビル ボバー[2021年モデル]

ボンネビル ボバー[2021年モデル]マットストームグレー×カットアイアンストーン [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報