DUCATI STREETFIGHTER V4R×MOTO CORSE×ライドハイ

【モトコルセ×ストリートファイターV4R】Vol.3 221psをアップハンドルで駆る大迫力!

【モトコルセ×ストリートファイターV4R】Vol.3 221psをアップハンドルで駆る大迫力!

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:真弓悟史、渕本智信

ライダーを威嚇するようなスタイリングだがその懐は深い。もちろんエンジンを回せばどこまでもワイルドになるが、そのギャップも楽しみたい。

ハイグリップタイヤで待望の全開!

さすがに筑波サーキットのコース1000では全開にできなかった。そのストレスから僕はモトコルセの近藤さんに袖ケ浦フォレストレースウェイでの試乗をお願いした。

前回の試乗時のタイヤはピレリ製スーパーコルサV3。いわゆるパニガーレシリーズのスタンダードだったが、今回は近藤さんがピレリ製ディアブロスーパーコルサのSC1を履かせてくれた。SC1はいわゆるイベントレースなどで使うハイグリップタイヤ。感謝しかない。

とはいってもまずはスポーツモードから。クイックシフトを使いながらまずは中速を繋いで加速。丁寧にタイヤを温めていく。アベレージが上がってもハンドリングは馴染みやすく、はっきり言ってスタンダードのストリートファイターよりも軽量コンパクトで乗りやすい。

BST製カーボンホイールでバネ下重量を大幅に軽量化。マスが集中しバイクとの一体感がとても高い。それがペースを上げるほど明確になっていく。だからもっとスロットルを大きく開けていきたくなるのだ。

ペースを上げていくとトラクションコントロールの介入が大きくなってきた。

一度ピットインしてモトコルセのメカニックを務める伊藤さんにサスペンションを少しだけ調整してもらう。僕のフィーリングを理解してくれ、そのアドバイスも的確だ。ショップのスタッフとこういったコミュニケーションが取れると、安心感が増すのは気のせいではないだろう。

身体とタイヤ、そして気持ちも整ったので、レースモードにして再びコースイン。

結果は……パニガーレより速い!?

→全文を読む|写真4点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ドゥカティ STREETFIGHTER V4の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ドゥカティ STREETFIGHTER V4

ドゥカティ STREETFIGHTER V4

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 4価格種別 中古車 1

本体

245.25万円

価格帯 243.5~249.5万円

本体価格

本体

225.5万円

価格帯 225.5万円

諸費用

16.4万円

価格帯 12.15~18.15万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

261.65万円

価格帯 261.65万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報