King of the Baggers×ライドハイ

270kgのツアラーで膝擦り!?【インディアンvsハーレー】これぞアメリカ! “キングオブザバガーズ”

270kgのツアラーで膝擦り!?【インディアンvsハーレー】これぞアメリカ! “キングオブザバガーズ”

●文:ライドハイ編集部(正田啓人)  ●写真:ポラリスジャパン

2020年10月24日、アメリカのラグナセカで初めてのバガーロードレース「キングオブザバガーズ」が開催された。バガーはサイドパニアなどが装着されたアメリカンツアラーのことで、車両重量は300kg近い。巨体を振り回しながらアップダウンの激しいラグナセカを8周、11台のハーレーダビッドソンと2台のインディアンが競い合った。

ラグナセカのコークスクリューをツアラーが激走! 強さを見せたインディアンのチャレンジャー

インディアンのチャレンジャーに跨がるのはアメリカ人ロードレーサーのタイラー・オハラとフランキー・ガルシア。

レースがスタートするとガルシアがホールショットを獲得。その後はオハラが大きくリードをする展開。しかし、残り5週のタイミングでコースアウト。転倒はなかったものの、順位を落とし3位。ガルシアは2位となり、1位はハーレーダビッドソンにまたがるヘイデン・ギリム。 落ち着いてコース上に戻ったオハラは、ガルシアを抜き去り、ラスト2周の場面でコークスクリューで一気にハーレーのギリムを追い抜き(動画3:07あたり)、そのままチェッカーを受けた。

結果は、1位インディアンのオハラ、2位ハーレーダビッドソンのギリム、3位インディアンのガルシアとなった。13台中2台のインディアンがそれぞれ表彰台に上がり、頂点も獲得するというインディアンにとって最高の結果で幕を閉じた初開催のキングオブザバガーズ。

→全文を読む|映像×2本、写真5点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報