対ADV150の無骨仕様

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表。日本導入を熱望!】

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表。日本導入を熱望!】

●車両別アーカイブ:ヤマハ BW’S

“オフ系スクーター”と言えば近頃はホンダADV150が大人気だが、その元祖はヤマハのBW’S(ビーウィズ)。’88年に登場した50ccが初代で、近年は台湾ヤマハが生産するロングセラーだ。その意地に賭けて、’21でフルチェンジを敢行した。

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】

【YAMAHA TAIWAN BW’S】滑らかなデザインの先代に対し、角張ったタフな造形に一新。特にフロント~レッグシールドがゴツく、アウターフォークの造形も凝っている。ブレーキはオフテイスト濃厚な前後ウェイブディスクを継続採用だ。■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 125cc ■装備重量127kg シート高785mm 燃料タンク容量6.1L ■タイヤF=120/70-12 R=130/70-12 ●国内入荷予定なし [写真タップで拡大]

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】
[写真タップで拡大]

【’20 YAMAHA BW’S】’08年に台湾で125が登場。’16でシグナスX-SRベースとなり、’20年まで国内仕様が販売された。■空冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 9.8ps/7500rpm 1.0kgm/6000rpm ■装備重量119kg シート高780mm 燃料タンク容量6.5L ■タイヤF=120/70-12 R=130/70-12

まずスタイルが見事。BMW R1150GSを彷彿とさせる左右非対称ヘッドライトに、フロントの荷台スペースなど、より無骨さが増した。エンジンは空冷ユニットに代わり、可変バルブタイミング機構を採用した最新の水冷ブルーコアVVAを搭載。これを25%の剛性アップを果たした新作フレームに積む。

ヤングマシン調べでは日本導入の可能性は薄い…が、発売を熱望する!

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】

2眼ヘッドライトやバーハンドル、フロントアップフェンダーなどBW’Sのシンボルを継承しつつ、洗練されたゴツさを表現。軽快そうなハンドルと張り出したボディで迫力も十分だ。ファットなブロックタイヤは専用の軽量モデル。 [写真タップで拡大]

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】
元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】

カラーバリエーションは草野緑/夜幕灰(消光)/光耀橙(消光)/沙漫灰の全4色。 [写真タップで拡大]

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】
[写真タップで拡大]

【ギア感満点の前荷台】左右非対称のハロゲン式プロジェクターヘッドライトを採用。その上部をカーゴ風の積載スペースとし、道具感が大幅アップした。

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】
[写真タップで拡大]

【ブルーコアVVA搭載】水冷ブルーコアユニットは、吸気バルブの作動を低中速と高速側で切り替えるVVAを搭載。低回転トルクと高回転パワー、好燃費を両立する。

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】
[写真タップで拡大]

【ガード系オプションパーツも豊富に用意】純正オプションの装着を見越した設計で、カンタンにガード類やキャリア、サイドバッグステーなどを拡張可能。なおUSB電源は右ポケットに標準装備される。

元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】
元祖オフ系スクーター・ヤマハBW’Sが全面刷新【台湾で新型発表】

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報