ボリュームアップ・ラリーマシン

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

●車両別アーカイブ:ホンダ CRF250ラリー

ビッグタンクで旅力アップだ!

ダカールラリーマシンイメージのスタイルで冒険心をかき立てるCRF250ラリーも’21モデルにフルチェンジ。

エンジンやフレームなど基本的な部分は新型CRF250Lに準拠。さらにラリーだけの大きな変更点として、燃料タンク容量を従来比で2L増量の12Lへ。専用のハンドルバーにはインナーウェイトが追加され、手元への振動を軽減。ツーリング時の快適性を向上させた。

シートも250Lより座面幅を20mm広げて取付部にはラバーを設置。ステップにもラバーが装着されて、より長時間走行に適した装備が施された。こちらも低シート高のSTDと本格ハイシートの<s>の2本立てだ。

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

【’21 HONDA CRF250 RALLY】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ249cc 24ps/9000rpm 2.3kg-m/6500rpm ■装備重量152kg シート高830mm 変速機6段リターン 燃料タンク容量12L ■タイヤF=80/100-21 R=120/80-18 ●価格:74万1400円 ※写真はSTD [写真タップで拡大]

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

写真左はローダウン仕様のSTD、写真右は脚長仕様の<s>。 [写真タップで拡大]

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

【アイキャッチはビッグタンク】ビッグタンクでよりアドベンチャー色が強まった新型(右)は燃費も向上して航続距離が拡大。CRF250L同様に最低地上高アップで走破性も高められている。 [写真タップで拡大]

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

[写真タップで拡大]

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】
[写真タップで拡大]

【250でこの迫力はうれしい】ボリュームアップでスタイル面でも迫力を増した新型RALLY。上と横がグッと張り出したコクピットに跨った雰囲気は、従来型よりバツグンの冒険感を味わわせてくれる。

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】
新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】

【操作ポイントの快適性も向上。座面とクッション性が長距離向きに】アップライトな姿勢を実現するハンドルバーにはインナーウェイト、ステップとシート下には振動低減のためのラバーと、ラリーにはロングツーリングでの快適性を向上させる専用装備が充実。そのシートは幅もLより広めに設定。 [写真タップで拡大]

新型ホンダCRF250ラリーはローダウン&脚長仕様【燃料タンク容量+2Lで旅力UP】
[写真タップで拡大]

【ABSのキャンセルSWも】保安基準改正に伴い、全車ABS装着車のみの設定。CRF250Lと同様にリヤ側のABSは任意でオフにすることができ、タイヤを滑らせながらの豪快なオフロードライディングも楽しめるようになった。メーター本体は250Lと共通だ。

【タイには300ccモデルを投入】タイのAPホンダからは新型250と同じコンポーネントを使用した300が発表された。あちらのお約束で残念ながら最高出力&最大トルクは未発表。気になるのは国内250のタンク容量が12Lなのに対して300は12.8L。見た目は同じだが内部が違うのか…?


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報