タイガーシリーズのエントリー仕様

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台

●車両ブランド別アーカイブ:トライアンフ

タイガーシリーズでイチバン身近な1台!

“全てをかなえる”という魅惑的なコピーで登場したトライアンフの新作が「タイガー850」だ。’20でデビューしたオンロード指向のタイガー900GTをベースに、出力特性を扱いやすく設定し、”タイガーでもっとも購入しやすい価格”のエントリー仕様となる。

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台

【’21 TRIUMPH TIGER 850 SPORT】■水冷4スト並列3気筒DOHC12バルブ 887cc 85ps/8500rpm 8.4kg-m/6500rpm ■装備重量216kg シート高810-830mm 変速機6段 燃料タンク容量20L ■タイヤF=100/90-19 R=150/70R17 ●価格:139万円 ●発売時期:’21年2月 [写真タップで拡大]

車名は850だが、900と同じ887cc3気筒を搭載。走行モードを2種類に抑えたほか、900に対し最高出力を10.2㎰、発生回転数を250rpmダウン。トルクも8.9kg-m/7250rpm→8.4kg-m/6500rpmと下げ、中低速寄りの性格としている。一方でブレンボ最高峰のスティルマキャリパーやマルゾッキ製45mm径倒立フォークの豪華な脚は踏襲。価格を抑えつつ、爽快な走りが楽しめるハズだ。

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台

シート幅が狭まり、ステップ位置も最適化。ハンドル位置やシートの2段階調整も可能というフレンドリーなキャラだ。また、ハンドル幅も狭め、全幅が930→830mmに。F19&R18インチのキャストホイールはタイガー900と同様だ。高速をメインに出先でダートに寄り道なんて使い方が合いそう。 [写真タップで拡大]

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台
[写真タップで拡大]

心臓部はタイガー900と共通だが、セッティングとトラクションコントロールのマップは専用。走行モードはタイガー900GTの4種に対し、2パターン。

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台
[写真タップで拡大]

新ユニットのフルカラーTFT液晶を投入。タイガー900の7インチから5インチに小型化し、スマホ接続も可能のようだ。

トライアンフ新作タイガー850スポーツ:価格を抑えつつ爽快な走りが楽しめる身近な1台
[写真タップで拡大]

60種類以上の純正オプションを用意。GIVIと共同開発した52Lトップケースやトップ開きアルミパニアなどを選べる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報