スピードツイン[2020]×ライドハイ

トライアンフ・バーチカルツインの原点と現在。クラシックフィーリングを現代に変換せよ

  • 2020/12/9

●文:ライドハイ編集部(小川勤)

クラシックスタイルの印象が強いこのカテゴリーだが、スピードツイン(SPEED TWIN)に搭載されるトライアンフの1200ccバーチカルツインは、驚くほど元気にレスポンスする。

モダンクラシックでもスポーティに走りたい!

海外メーカーは同じ形式のエンジンを大切に使い続けることが多いが、トライアンフといえばバーチカルツイン。実はこのエンジンのルーツは1937年に遡る。

1920年代、イギリスには500以上の二輪&四輪メーカーが存在した。イギリスに限った話ではないが、そういったメーカーのほとんどが時代と共に淘汰され現在に至る。では、トライアンフはなぜ生き残れたのだろう。

それは1937年に発表されたスピードツインの存在があったからに違いない。エドワード・ターナーが手がけた並列2気筒エンジン搭載車は、登場と同時にヨーロッパ全土で大ヒット。シングルが一般的だった時代に499ccのスポーツバイクは世界中に衝撃を与えた。

そのOHVのバーチカルツインエンジンは改良を重ねながら、タイガーやトロフィー、サンダーバード、ボンネビルといった現行車のモデル名にもなっているモデルを矢継ぎ早に投入。約50年の歳月を生き抜きトライアンフの黄金時代を支えていった。

→全文を読む|写真×5点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ